クスノキ(樟)

常緑高木
本州〜九州の暖地に見られるが、本来の自生かどうかは疑問とされている。高さ20m以上、直径2mになる。高さ55mに達するものもあるという。樹皮は帯黄褐色。短冊状に縦に裂ける。新枝は黄緑色で無毛。葉は互生。葉身は長さ5〜12cm、幅3〜6cmの卵形〜楕円形。両端ともとがる。やや革質で両面とも無毛。表面は緑色で光沢がある。裏面は灰白色を帯びる。主脈と主脈の基部近くからのびる2本の支脈が目立つ。葉裏の脈腋にはふつう小孔があるのが特徴で、まれに虫えいが生じる。若葉は黄緑色から帯紅色。古葉は紅葉し、春に新葉が展開すると落葉する。葉柄は長さ1.5〜2.5cm。新葉の脇から円錐花序をだし、小さな黄緑色の花をまばらにつける。花は放射相称、花被は筒形で上部はふつう6裂する。花被片は長さ約1.5mm、花のあと脱落し、杯形の筒部だけ残る。雄しべは9個。ふつう3個ずつ3輪に並び、内側には退化した仮雄しべが3個ある。もっとも内側の雄しべの基部の両側には黄色の腺体がある。葯は4室。花柱は細く、柱頭は盤状に肥大する。果実は液果。直径8mmほどの球形で、10〜11月に黒紫色に熟す。表面は光沢がある。果床は倒鐘形で、浅くくぼみ、その上に果実をのせる。種子は球形で、へそ状の突起がある。花期は5〜6月。
冬芽は長卵形で先はとがり、淡赤褐色。(樹に咲く花)
学名は、Cinnamomum camphora
クスノキ科クスノキ属
ダニ室:クスノキの葉は中心の葉脈と下の方で分かれた2本の側脈が良く発達する。この分岐点には小さな膨らみがあり、ダニの一種が住み込んでいることが多い。


2004年5月25日 城山公園ダニ室
クスノキ花 クスノキ クスノキ葉
2009年11月14日 果実は球形 玉湯
クスノキ果実 クスノキ果実 クスノキ冬芽
脈の基部にダニ室がある。
クスノキ クスノキ葉 クスノキ葉
クスノキ樹皮 クスノキ



2003年8月10日 若い果実 浜乃木ダニ室が見える。
クスノキ果実 クスノキ果実 クスノキ葉
クスノキ葉裏面 クスノキ クスノキ
2013年11月16日 ダニ室 西川津葉身は長さ約8cm。
クスノキ ダニ室 クスノキ葉 クスノキ葉
支脈の基部に膨らみ(ダニ室)がある。
クスノキ ダニ室 クスノキ ダニ室 クスノキ葉裏面
膨らみの裏面には穴が空いている。中にダニは見えなかった。
クスノキ ダニ室 クスノキ ダニ室 クスノキ冬芽
クスノキ冬芽 クスノキ クスノキ
2007年2月4日 冬芽 城山公園
クスノキ冬芽 クスノキ葉 クスノキ葉
クスノキ クスノキ樹皮 クスノキ
2007年11月17日 幼木 冬芽 葉柄が赤みを帯びる。 上乃木3行脈が不明瞭。
クスノキ冬芽 クスノキ葉 クスノキ葉裏面
ダニ室のある葉は少ない。成木に比し葉が細長く先がとがる。
クスノキ葉 クスノキ クスノキ
2004年1月12日 城山公園2003年8月15日 城山公園
クスノキ樹皮 クスノキ樹皮 クスノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑