クスダマツメクサ(薬玉詰草)

1年草
西アジア〜北アフリカにかけての原産。1943年に横浜市で見いだされ、その後は全国的に見つかっている。河川敷や市街地の空き地にしばしば群生する。茎は細くややジグザグ状に伸びてよく分岐し、高さ50cmほどになる。葉は3枚の楕円形の小葉からなる複葉で、小葉には上部にのみ低い鋸歯がある。葉柄基部には托葉があり、互生する。葉腋に花序を出し、長さ5mmほどの鮮黄色の蝶形花を長さ2cmほどの穂状に密につける。花期は春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Trifolium campestre
マメ科シャジクソウ属
受粉すると花は下を向き、花弁が大きくなるのが特徴。また旗弁の脈に沿ってしわがあるのも区別点。(野に咲く花)
シャジクソウ属は花が終わっても花弁が落ちず、また短い花柄を持つシロツメクサコメツブツメクサ、クスダマツメクサは受粉がすんだ花から順に下向きになる。
よく似たもので北海道〜長野県などに帰化しているテマリツメクサがあるが、3小葉の頂小葉に柄がない。


2014年5月11日 大井受粉後に花弁は大きくなり下を向く。
クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花
頂小葉にははっきりした柄がある。右はコメツブツメクサ。
クスダマツメクサ葉 クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ



2013年5月26日 東出雲受粉後に花弁が大きくなる。受粉後も枯れた花弁が残る。
クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花
枯れた花弁。枯れた花弁の中に果実がある。果実は長さ約2mm、種子が1個入る。
クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ果実 クスダマツメクサ果実
種子は長さ約1.3mm。頂小葉には明らかな柄がある。
クスダマツメクサ種子 クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ
クスダマツメクサ
2013年5月22日 大井花序は直径約1cm。
クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花
受粉の終わった花から下を向く。
クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花
花弁の脈がしわになる。花序は長さ6〜10mm。花は長さ約5mm。
クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ花
全て受粉が終わり果実になる。
クスダマツメクサ花 クスダマツメクサ果実 クスダマツメクサ果実
萼や枯れ残った花弁の中に果実がある。果実は長さ約1.8mm、種子が1個入る。
クスダマツメクサ果実 クスダマツメクサ果実 クスダマツメクサ果実
種子は長さ約1.2mm。
クスダマツメクサ種子 クスダマツメクサ種子 クスダマツメクサ
葉柄の基部に托葉がある。茎や葉柄に上向きの伏毛がある。
クスダマツメクサ クスダマツメクサ托葉 クスダマツメクサ茎
小葉は長さ約1cm。頂小葉には明瞭な柄がある。
クスダマツメクサ葉 クスダマツメクサ葉裏面 クスダマツメクサ
クスダマツメクサ クスダマツメクサ
2015年6月24日 果実 大井枯れた花弁が残る。果序は長さ約1cm。
クスダマツメクサ クスダマツメクサ クスダマツメクサ
種子が結実していなかった。
クスダマツメクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑