クサスゲ(草菅)

多年草
北海道〜九州の湿った草地や明るい落葉広葉樹林内に生える。根茎は斜上ぎみに短く伸長し、ときに分枝し、まばらに叢生する。基部の鞘は淡色。葉は幅2〜3mm。有花茎は高さ25〜30cm。雄小穂は長さ5〜10mmでほとんど柄はない。雌小穂は上部のものは接近し、下部のものは離れてつき、長さ5〜10mm。最下の苞は葉身が長く、鞘は長い。果胞は長さ2.5〜3mm。果胞の面の中部に顕著な凹部があるのが良い特徴である。果実は長さ2〜2.5mm、面の中部が浅く凹む。柱頭は3岐。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex rugata
カヤツリグサ科スゲ属ヌカスゲ節


2014年5月17日 宍道果胞の中央部が凹む。
クサスゲ花序 クサスゲ花序 クサスゲ雌小穂
2番め以下の小穂は離れてつく。雄小穂は長さ約15mm。上部の雌小穂は長さ約7mm。
クサスゲ花序 クサスゲ花序 クサスゲ花序
下部の雌小穂は長さ約17mm。鱗片は果胞より短い。
クサスゲ雌小穂 クサスゲ果胞 クサスゲ果胞
鱗片は長さ約1.5mm、先端は芒となる。柱頭は3岐する。
クサスゲ果胞 クサスゲ鱗片 クサスゲ果胞
果胞の口部。果胞は長さ約2〜2.5mm、中央部が凹む。
クサスゲ果胞 クサスゲ果胞 クサスゲ果胞
果実は長さ約1.5mm中央部が凹み、付属体がつく。最下の苞は葉身が長く約7cm。
クサスゲ果実 クサスゲ果実 クサスゲ苞
苞は有鞘、鞘は長さ約2.3cm。花茎は長さ約40cm。
クサスゲ苞鞘 クサスゲ クサスゲ
クサスゲ クサスゲ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑