クサソテツ(草蘇鉄)

夏緑シダ植物
北海道〜九州の河川敷や山麓の湿地に生育する。栄養葉の葉身は倒卵状披針形の2回羽状深裂、光沢のない鮮緑色。栄養葉の葉柄は赤褐色〜黒色。下部の羽片はしだいに小さくなる。胞子葉は栄養葉より短く、羽片の辺縁は羽状に浅裂、裏に巻いてソーラスを包み込む。
学名は、Matteuccia struthiopteris
イワデンダ科クサソテツ属


2009年9月13日 胞子葉 玉湯
クサソテツ クサソテツ クサソテツ
クサソテツ



2009年7月12日 玉湯
クサソテツ クサソテツ
2009年7月5日 八雲
クサソテツ クサソテツ クサソテツ
下部の葉は小さくなる。
クサソテツ クサソテツ クサソテツ
クサソテツ クサソテツ
2010年4月10日 胞子葉 玉湯
クサソテツ クサソテツ クサソテツ
新芽
クサソテツ クサソテツ クサソテツ
クサソテツ クサソテツ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑