クロテンツキ(黒天突)

1年草又は多年草
本州〜九州の休耕田や池の周辺などの日当たりの良い湿地に生える。植物体はやや叢生し、無毛。稈は高さ15〜40cm、基部に無葉身の鞘がある。葉は幅1.5〜3mm。基部の鞘は暗褐色。花序は散形。苞葉の葉身は4〜8枚、花序より短い。小穂は卵形、長さ約4mm、褐色、鈍頭。鱗片は倒卵形、長さ約2mm、淡褐色、鈍頭。そう果は倒卵形、長さ0.7mm、完熟すると淡褐色になり、表面に格子紋がある。柱頭は2個。花柱は扁平でなく、やや細く、平滑。花期は8〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Fimbristylis diphylloides
カヤツリグサ科テンツキ属


2015年8月19日 東出雲
クロテンツキ花序 クロテンツキ花序 クロテンツキ花序
苞葉は長さ1cm程度と短い。全体無毛。小穂は長さ約4mm。
クロテンツキ苞葉 クロテンツキ小穂 クロテンツキ小穂
鱗片は鈍頭、中肋の先が凸点となる。鱗片は長さ約2mm。柱頭は2岐、果実は長さ約0.7mm。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
果実の表面に格子紋があり、まばらに瘤粒がある。茎は長さ約25cm。
クロテンツキ鱗片柱頭 クロテンツキ鱗片 クロテンツキ果実
クロテンツキ果実 クロテンツキ果実



2014年9月21日 大東苞は花序より短い。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
苞は花序より短く、茎とともに無毛。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
小穂は長さ約5.5mm。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
鱗片は長さ約2mm。柱頭は2岐、果実は長さ約0.7mm。表面には格子状の模様がある。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
茎は長さ約23cm。茎の基部に葉身のない鞘があり、無毛。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
クロテンツキ クロテンツキ
2012年9月24日 八雲苞は花序より短い。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
小穂は長さ約6mm。鱗片は長さ約1.5mm。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
果実は長さ約0.7mm、柱頭は2岐。花柱は平滑で無毛。果実の表面に格子模様がある。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
茎の高さは約9cm。茎の基部に葉身のない鞘がある。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
クロテンツキ
2012年8月19日 東忌部苞葉は短い。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
鱗片の中肋は緑色、縁は褐色。小穂は長さ約5mm。果実は長さ約0.8mm、柱頭は2岐。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
茎の基部に葉身のない葉鞘がある。茎の断面。
クロテンツキ クロテンツキ クロテンツキ
クロテンツキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑