クロモ(黒藻)

多年草
北海道〜沖縄の湖沼や溜池、河川、水路などに生育する沈水植物。茎はよく分枝し、各節に3〜8葉を輪生する。葉は無柄で線形、長さ8〜20(〜26)mm、幅1〜3mm、葉縁には目立つ鋸歯があり、ときに著しく反り返る。雄花は葉腋につき、開花するときは植物体を離れて水面に浮く。雌花は子房が花柄状に伸びて水面で開花する。萼片、花弁とも3枚。果実は長さ3〜4cm、2,3本の突起がある。雌雄異株と雌雄同株の系統がある。雌雄異株の個体は腋性殖芽、雌雄同株の個体は塊茎を形成する。花期は8〜10月。(日本の水草)
学名は、Hydrilla verticillata
トチカガミ科クロモ属


2014年9月11日 秋鹿子房が花柄状に伸び水面で花が咲く。花弁、萼片が3個ずつ。(他の植物の果実がついている。)
クロモ花 クロモ花 クロモ花
花は長さ約4mm。
クロモ花 クロモ花 クロモ花
花弁、萼片は長さ約4mm。花の中心に柱頭がある。柱頭には毛状の突起がある。
クロモ花 クロモ花 クロモ花
柱頭は3個ある。輪生する葉には小さな鋸歯がある。
クロモ花 クロモ クロモ葉
7個の葉が輪生する。葉は長さ約13mm。葉の先端部には毛がある。
クロモ葉 クロモ葉 クロモ葉
葉には尖った鋸歯がある。葉腋についた殖芽。
クロモ花葉 クロモ殖芽 クロモ
クロモ



2015年8月23日 秋鹿
クロモ花 クロモ花 クロモ花
2叉した葉を輪状につけるものはなんだろう。
クロモ クロモ
2015年8月1日 秋鹿7個の葉が輪生し、縁に鋸歯がある。
クロモ クロモ クロモ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑