クロキ(黒木)

常緑小高木
本州(中国地方)〜九州の海岸近くの照葉樹林内に生える。高さ約10m、直径10〜30cmになる。樹皮は黒褐色でなめらか。小さい皮目がある。枝は緑色で稜があり、無毛。葉は互生。葉身は長さ4〜7cm、幅2〜3cmの楕円形又は長楕円形。先はやや鈍く、基部はくさび形。縁は全縁または先の方に波状の浅い鋸歯がある。革質で、表面は光沢があり、主脈が隆起する。両面とも無毛、乾くと黄緑色になる。葉柄は長さ7〜15mm。前年枝の葉腋にきわめて短い穂状花序をだし、白い小さな花をつける。花は香りがよい。花にはほとんど柄がなく、花序の軸も短いので、葉腋に花が密集してつく。花冠は直径8mmほど、5深裂する。雄しべは多数あり、花冠よりも長く、よく目立つ。雌しべは1個で、花柱は細長く、柱頭は頭状。萼は5裂し、萼片は卵円形。果実は核果。楕円形で長さ1〜1.5cm。先端に萼片が残る。10〜12月に紫黒色に熟す。核は楕円形で長さ約5mm。花期は3〜4月。
冬芽の葉芽は細長く、長さ6〜15mm、先端はとがり、多少彎曲し緑色で無毛。(樹に咲く花)
学名は、Symplocus lucida
ハイノキ科ハイノキ属


2012年4月17日 宍道葉には浅い鋸歯がある。
クロキ花 クロキ花 クロキ花序
葉身は長さ約5cm。
クロキ葉 クロキ葉裏面 クロキ花序
クロキ冬芽 クロキ クロキ樹皮
クロキ樹皮 クロキ



2011年4月23日 玉湯
クロキ花 クロキ花 クロキ花序
クロキ花序 クロキ クロキ樹皮
クロキ
2009年4月19日 玉湯葉の縁にまばらに浅い鋸歯がある。
クロキ花 クロキ花序 クロキ葉
クロキ葉裏面 クロキ葉 クロキ
クロキ樹皮
2008年4月20日 大庭
クロキ花 クロキ花 クロキ花序
先端に浅い鋸歯がある。
クロキ葉
2013年3月7日 蕾冬芽、枝に稜がある。
クロキ蕾 クロキ蕾 クロキ冬芽
クロキ葉 クロキ樹皮
2013年11月5日 果実 玉湯
クロキ果実 クロキ果実 クロキ果実
果実は長さ約1.3cm。紫色の果汁の中に核が1個ある。核は長さ約1cm。
クロキ果実 クロキ核 クロキ核
クロキ核 クロキ
2005年11月12日 果実 運動公園
クロキ果実 クロキ果実 クロキ葉裏面
クロキ
2006年1月11日 冬芽 佐草
クロキ冬芽
2007年12月8日 冬芽 枝には稜がある。 八雲
クロキ冬芽 クロキ葉 クロキ葉裏面
クロキ枝 クロキ樹皮 クロキ
クロキ
2009年5月31日 もち病に侵された新枝が伸長せず葉が細く伸び、また肥厚し、分岐した角状物となる。 最初は淡緑色だが白くなる。 玉湯
クロキ クロキ

11〜12月頃に淡緑色の奇形花を咲かせる株があり、この奇形花は毎年決まって咲くようです。
2004年11月20日 奇形花 島根
クロキ奇形花 クロキ奇形花 クロキ奇形花
クロキ葉 クロキ クロキ樹皮
2003年11月23日 奇形花 島根
クロキ奇形花 クロキ クロキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。