クログワイ(黒慈姑)

多年草
本州〜九州のため池や水田の湿地に群生する。植物体はやや叢生し、匍匐根茎は長く軟らかい。先端に1cmくらいの黒褐色の塊茎をつくる。稈は太く幅3〜4mm、高さ30〜80cm、円筒形、内部は多くの隔膜で仕切られ、乾くと外からは節があるように見える。基部の鞘は赤褐色。小穂は円柱形、長さ2〜4cm、鈍頭、淡緑色。鱗片は長卵形、薄膜質、長さ6〜8mm、鈍頭、淡緑色。そう果は倒卵形、長さ2mm。柱基に盤状の付属体がある。刺針状花被片は5〜6本、そう果より長く、まばらに下向きの剛毛をつける。柱頭は2個。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Eleocharis kuroguwai
カヤツリグサ科ハリイ属


2005年9月18日 東忌部
クログワイ クログワイ クログワイ
2003年9月28日 乃木福富
クログワイ クログワイ



2007年10月20日 塊茎 八雲葉は膜質で茎を包む。
クログワイ クログワイ クログワイ
茎の内部は横隔膜がある。茎は中空。茎に節があるように見える。
クログワイ クログワイ クログワイ
クログワイ クログワイ クログワイ
2005年10月9日 塊茎 乃白
クログワイ クログワイ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑