クロバナヒキオコシ(黒花引起こし)

多年草
北海道、本州(山陰・北陸・奥羽地方)のやや乾いた山地に生える。茎は方形で高さ50〜150cm、上方で分枝し稜の上にごく細かい毛がある。葉は1〜3cmの柄があり葉身は広卵形で長さ6〜15cm、幅3〜7.5cm、質薄く、表面はまばらに毛があり、裏面は網状に脈が浮き出し腺点がある。花はまばらな大形の円錐花序を作って多数生じ、萼は5裂して細毛があり長さ約2.5mm(果時には長さ3〜3.5mm)。花冠は暗紫色で長さ5〜6mm、上唇は直立して4裂、下唇は舟形。分果は倒卵円形で長さ1.5mm、白毛がある。 花期は8〜9月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Isodon trichocarpus
シソ科ヤマハッカ属


2014年9月27日 八雲
クロバナヒキオコシ花 クロバナヒキオコシ花 クロバナヒキオコシ花
クロバナヒキオコシ花 クロバナヒキオコシ クロバナヒキオコシ



2013年10月1日 八雲
クロバナヒキオコシ花 クロバナヒキオコシ花 クロバナヒキオコシ花
花は長さ約4.5mm。上唇は4裂する。
クロバナヒキオコシ花 クロバナヒキオコシ花 クロバナヒキオコシ花
萼には細毛がある。萼の中に4分果がある。
クロバナヒキオコシ花 クロバナヒキオコシ果実 クロバナヒキオコシ果実
萼は直径約3mm。4個の分果がある。
クロバナヒキオコシ果実 クロバナヒキオコシ果実 クロバナヒキオコシ果実
分果は長さ約1.3mm。分果の表面に白毛がある。
クロバナヒキオコシ果実 クロバナヒキオコシ果実 クロバナヒキオコシ葉
葉身は長さ約7.5cm、先は尖る。
クロバナヒキオコシ葉 クロバナヒキオコシ葉 クロバナヒキオコシ葉
脈上に縮れた毛と、葉面に疎らに毛がある。裏面の脈上に短毛がある。
クロバナヒキオコシ葉 クロバナヒキオコシ葉裏面 クロバナヒキオコシ葉裏面
裏面には腺点がある。茎の稜上に下向きの細毛がある。
クロバナヒキオコシ葉裏面 クロバナヒキオコシ茎 クロバナヒキオコシ花序
クロバナヒキオコシ クロバナヒキオコシ クロバナヒキオコシ


2007年9月23日 大山滝
クロバナヒキオコシ クロバナヒキオコシ クロバナヒキオコシ
クロバナヒキオコシ クロバナヒキオコシ クロバナヒキオコシ
クロバナヒキオコシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑