クリ(栗)

落葉高木。
北海道(石狩・日高地方以南)〜九州の丘陵から山地に生える。高さ17m、直径1mほどになる。大きな樹冠をつくる。樹皮は灰黒色。老木になると、大きな割れ目が入る。本年枝は淡緑色。黄褐色の星状毛または微毛がある。2年枝は紫黒色で無毛になり、円い小さな皮目が散生する。葉は互生。葉身は長さ7〜14cm、幅3〜4cmの長楕円形で、薄い革質。先端は鋭く尖り、基部は円形またはハート形。縁には先端が針状の鋸歯がある。表面は濃緑色で光沢があり、主脈に沿って星状毛がある。針状の鋸歯の先端まで葉緑素が入っている。裏面は淡緑色で、小さな腺点が多数ある。側脈は6〜23対。葉柄は長さ5〜15mm。托葉は長さ8〜10mmの卵状披針形で、開葉後まもなく落ちる。雌雄同株。新枝の葉の脇から長さ10〜15cmの尾状花序をやや上向きにだす。花序につく花はほとんどが雄花で、基部に雌花がつく。雄花は無柄で半円形の苞の脇に7個ほどが集まってつく。雄しべは約10個。花被の外にとびでる。雌花は緑色の総苞(若いいが)の中に3個ずつ入っている。総苞は花時には直径3mmほどの球形。外面は先端が鋭い卵状披針形の鱗片に覆われている。花柱は長さ3mmほどの針状で、9〜10個あり、総苞の外にとびでる。果実は堅果。その年の秋に熟す。殻斗(いが)は扁平な球形で、外面に長さ1cmほどの刺が密生する。堅果が成熟すると殻斗は4つに割れる。中には褐色の堅果が普通3個が入っている。堅果の大きさにはかなりの変化がある。花期は6月。
 冬芽は、長さ2〜4mmの卵形〜広卵形でやや扁平。クリの実に似た形をしている。芽鱗は2〜3個。頂芽はない。仮頂芽は側芽よりやや大きい。葉痕は半円形。(樹に咲く花)
学名は、Castanea crenata
ブナ科クリ属


2012年6月18日 雌花 東忌部総苞の中に3個の雌花が入る。
クリ雌花 クリ雌花 クリ雌花
雌花は花序の基部につく。
クリ花序 クリ花序 クリ
葉の基部は円形〜心形。鋸歯には葉緑体があり、透明でない。
クリ葉 クリ葉 クリ葉裏面
クリ樹皮 クリ クリ



2011年6月15日 雌花 大平山花序の基部に雌花がつく。
クリ雌花 クリ花序 クリ花序
2011年6月9日 西忌部雄花
クリ雄花 クリ雄花 クリ雄花
雌花は花序の基部につく。
クリ花序 クリ雌花 クリ雌花
クリ クリ樹皮 クリ
2006年6月17日 雌花 上乃木
クリ雌花 クリ雌花
2003年6月14日 雄花 木次
クリ雄花 クリ雄花 クリ花序
2006年7月9日 東忌部葉の基部は円形〜心形。若い果実。
クリ葉 クリ葉裏面 クリ果実
クリ クリ クリ
2003年8月10日 果実 運動公園
クリ果実
2014年9月21日 果実 大東殻斗が4裂し果実がでる。果実は長さ約2cm、中央は未熟。
クリ果実 クリ果実 クリ果実
まだ裂開しない殻斗、幅約6cm。果実は普通3個入る。先端に柱頭が残る。
クリ果実 クリ果実 クリ果実
クリ
2015年4月2日 果実 玉湯
クリ果実 クリ クリ
クリ樹皮 クリ
2011年2月26日 果実 玉湯
クリ果実 クリ樹皮 クリ樹皮
クリ クリ
2009年8月24日 針状の刺は葉緑素がある。 東忌部
クリ葉 クリ葉 クリ葉
クリ葉裏面 クリ
2010年5月2日 若葉 玉湯
クリ若葉 クリ葉 クリ葉
クリ葉裏面 クリ クリ樹皮
2011年4月24日 芽吹き 玉湯
クリ若葉 クリ若葉 クリ
クリ樹皮 クリ
2011年11月26日 黄葉 玉湯
クリ黄葉 クリ冬芽 クリ
2010年12月1日 黄葉 東生馬
クリ黄葉 クリ黄葉 クリ黄葉裏面
クリ
2010年1月30日 冬芽 玉湯
クリ冬芽 クリ冬芽 クリ冬芽
クリ冬芽 クリ樹皮 クリ
2006年1月29日 冬芽 東忌部
クリ冬芽 クリ冬芽
2006年4月22日 虫えい(クリメコブズイフシ) 運動公園2006年1月15日 虫えい(クリメコブズイフシ) 東忌部
クリメコブズイフシ クリメコブズイフシ クリメコブズイフシ
2008年6月8日 虫えい(クリハイボフシ) 枕木山
クリハイボフシ クリハイボフシ
2011年5月14日 虫えい(クリメコブズイフシ) 宍道
クリメコブズイフシ クリ葉 クリ葉裏面
クリ葉 クリ葉 クリ葉裏面
虫えい(クリメコブズイフシ)
クリメコブズイフシ クリ クリ枝
クリ樹皮 クリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑