クマヤナギ(熊柳)

ややつる性落葉低木
北海道〜九州の丘陵から山地の林内に生える。高さ5mほどになる。樹冠は傘形に広がり、他の樹木をおおう。樹皮は紫褐色。本年枝は暗黄緑色で無毛。なめらかで皮目は目立たない。葉は互生。葉身は長さ4〜6cm、幅2〜4cmの卵形〜長楕円形。先は鈍いかまるく、基部は円形。ふちは全縁。質は紙質で、側脈は7〜8対ある。裏面は白色を帯る。葉柄は長さ7〜15mm。枝先と枝先近くの葉腋から総状花序を出し、黄緑色の小さな花を多数つける。枝先では大形の複総状花序になる。花序の軸は無毛で、横枝は再分枝しない。花は直径3mmほど。花弁と萼片は5個。萼片は長三角形。花弁は萼片より短く、両側から巻いて雄しべを抱く。果実は核果。長さ5〜7mmの長楕円形で、翌年の夏に赤色から黒色に熟す。このため、今年の花と前年できた果実が同じつるについていることも多い。核は長さ4mmほどの楕円形で黄白色。花期は7〜8月。
冬芽は長さ1〜2mmの楕円形で、枝に伏生する。芽鱗は赤褐色で無毛。葉痕は半円形〜三角形で隆起する。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Berchemia racemosa
クロウメモドキ科クマヤナギ属


2014年7月23日 島根花は直径約2mm。
クマヤナギ花 クマヤナギ花 クマヤナギ花
花弁状のものは5個の萼片。花弁状の萼片。花弁は内側に巻き込み雄しべを包んでいる。
クマヤナギ花 クマヤナギ花 クマヤナギ花
花弁は内側に巻き雄しべの花糸を包み込む。雄しべと花弁。雄しべを除くと中心に柱頭がある。
クマヤナギ花 クマヤナギ花 クマヤナギ花
葉身は約6cm。
クマヤナギ花序 クマヤナギ葉 クマヤナギ葉
裏面は白色を帯びる。
クマヤナギ葉裏面 クマヤナギ クマヤナギ



2012年7月21日 東持田
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
クマヤナギ クマヤナギ
2011年7月28日 八雲
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
クマヤナギ クマヤナギ
2009年8月29日 枕木山
クマヤナギ クマヤナギ
2007年8月19日 北山
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
2004年7月19日 東出雲須田
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
2008年6月8日 果実 枕木山
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
クマヤナギ クマヤナギ
2007年7月8日 果実 枕木山
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
クマヤナギ クマヤナギ クマヤナギ
2008年3月15日 冬芽と葉痕 枕木山
クマヤナギ クマヤナギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑