クマワラビ(熊蕨)

常緑性シダ植物
北海道(奥尻島)、宮城県〜九州の林下に生える。根茎は太く直立。葉柄基部に卵状長楕円形〜線状披針形で赤褐色〜褐色の鱗片が密生する。中軸では線状披針形で褐色の鱗片がまばらにつく。葉は1回羽状複葉で、下部の羽片は少し短くなる。小羽片の先端は鋭頭。葉脈は表面で凹み、小脈は二叉。下部の羽片の小羽片は基部が耳状にふくれる。ソーラスは小羽片の中肋と辺縁の中間に、葉身の上部だけにつき、その部分の羽片は縮み、秋には枯れる。包膜は円形。
学名は、Dryopteris lacera
オシダ科オシダ属


2008年12月20日 鹿島上部のソーラスのつく部分は秋に枯れる。葉脈凹み、2叉する。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
先端は枯れている。ソーラスの包膜は縮んでいる。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
クマワラビ クマワラビ



2008年5月17日 東持田上部のソーラスのつく部分は縮んでいる。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
小羽片はとがり、葉脈は凹み2叉する。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
褐色の鱗片が密生する。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
クマワラビ
2008年5月4日 玉湯最下部の羽片。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
ソーラスは葉の先端部につく。ソーラスのつく小羽片は縮む。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
ソーラスは大きい。中軸、葉柄基部には褐色の鱗片が密生する。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
クマワラビ クマワラビ
2008年12月13日 玉湯 幼葉のせいか季節によるのか葉柄基部に鱗片が少ない。
クマワラビ クマワラビ クマワラビ
クマワラビ クマワラビ クマワラビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑