クマツヅラ(熊葛)

多年草
本州〜沖縄の山野や道端にはえる。高さ30〜80cm。茎は四角形で直立し、上部で枝分かれする。全体に細かい毛が生える。葉は長さ3〜10cm、幅2〜5cmの卵形で、ふつう3裂し、裂片はさらに羽状に切れ込む。表面は脈に沿ってへこみ、しわ状になる。枝先に長さ30cmに達する細長い花序を出し、直径約4mmの淡紅紫色の花をつける。花冠は5裂して平開し、雄しべ4個は花筒のなかにある。果実は4個の分果からなり、萼に包まれる。花期は6〜9月。(野に咲く花)
学名は、Verbena officinalis
クマツヅラ科クマツヅラ属


2013年8月21日 東出雲花軸や萼に腺毛が多い。花冠は長さ約3mm、萼は約3mm。
クマツヅラ花 クマツヅラ花 クマツヅラ花
花冠は直径約4mm。萼に包まれた果実。
クマツヅラ花 クマツヅラ花 クマツヅラ果実
萼の中に4分果がある。熟すと萼が割れて果実がでる。萼に包まれた果実と萼を除いた果実。
クマツヅラ果実 クマツヅラ果実 クマツヅラ果実
果実を包む萼は長さ約2mm。4個の分果が入る。分果は長さ約1.7mm。
クマツヅラ果実 クマツヅラ果実 クマツヅラ果実
分果の腹面には乳頭状の突起がある。
クマツヅラ果実 クマツヅラ果実 クマツヅラ花序
クマツヅラ クマツヅラ クマツヅラ



2012年7月18日 東出雲
クマツヅラ花 クマツヅラ花序 クマツヅラ花序
若い果実
クマツヅラ花序 クマツヅラ花序 クマツヅラ果実
果実は萼に包まれている。果実は長さ約2mm。
クマツヅラ果実 クマツヅラ果実 クマツヅラ葉
クマツヅラ葉 クマツヅラ葉 クマツヅラ葉裏面
クマツヅラ葉裏面 クマツヅラ茎 クマツヅラ
クマツヅラ
2011年8月16日 東出雲花軸や萼に腺毛がある。
クマツヅラ花 クマツヅラ花序 クマツヅラ花
クマツヅラ花序 クマツヅラ花序 クマツヅラ
葉は3裂し、羽状に切れ込む。表面に短毛がある。
クマツヅラ葉 クマツヅラ葉 クマツヅラ葉
裏面にも毛が多い。茎は四角形で、短毛がある。
クマツヅラ葉裏面 クマツヅラ葉 クマツヅラ茎
クマツヅラ クマツヅラ クマツヅラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑