クマシデ(熊四手)

落葉高木
本州〜九州の日当たりのよい丘陵や山地の谷筋に生える。高さ約15m、直径20cmほどになる。根元から多くの萌芽をだす。樹皮は黒褐色。若木の樹皮は滑らかだが、大きくなるとミミズばれのような模様が入り、老木になると裂ける。本年枝には初め長い絹毛が密生するが、後には無毛。皮目は楕円形で2〜3年枝ではっきりする。葉は互生。葉身は長さ5〜10cm、幅2.5〜4.5cmの長楕円形。先端はとがり、縁には重鋸歯がある。側脈は20〜24対あり、裏面に突出する。表面は無毛。裏面脈上には帯褐色の長毛が生え、脈腋には毛叢がある。葉柄は長さ8〜15mm、上面に毛がある。雌雄同株。葉の展開と同時に咲く。雄花序は長さ3〜5cm、前年枝から垂れ下がる。雄花は苞の下に1個ずつつく。雄しべは8〜10個。雌花序は本年枝の先端か短枝の脇から垂れ下がる。雌花は苞の内側に2個ずつつく。雌花の基部には小苞があり、花柱の上部は2裂する。雌花の基部の小苞は花のあと大きくなり、葉状の果苞になる。果実は堅果。10月頃熟す。果穂は長さ5〜10cmで、葉状の果苞が密生してつく。果苞は長さ1.5〜2cmの狭卵形で、縁には粗くて鋭い鋸歯がある。堅果は果苞の基部につき、扁平な長楕円形で長さ約4mm。花期は4月。
 冬芽は長さ6〜10mmの紡錘形。芽鱗は14〜16個。葉痕は半円形。(樹に咲く花)
学名は、Carpinus japonica
カバノキ科シデ属


2011年5月4日 八雲雄花序。
クマシデ雄花序 クマシデ雄花序 クマシデ雄花序
苞の下に1個の雄花がつく。雌花序。
クマシデ雄花 クマシデ苞 クマシデ雌花序
苞の下に小苞が見える。苞の下に小苞が大きくなりだしている小苞の基部に雌花が1個ずつある。
クマシデ雌花序 クマシデ小苞 クマシデ雌花が
クマシデ葉 クマシデ葉裏面 クマシデ
クマシデ樹皮 クマシデ



2016年7月24日 果穂 八雲果穂は長さ約6cm。
クマシデ果穂 クマシデ果穂 クマシデ果穂
果苞が密生する。果苞は2個が対になる。果苞の基部に果実がつく。
クマシデ果苞 クマシデ果苞 クマシデ果実
果苞と鱗片に挟まれて果実がある。果実は長さ約4.5mm。
クマシデ果実 クマシデ果実 クマシデ果実
クマシデ クマシデ
2011年6月29日 果穂 八雲果苞は2個が対となる。
クマシデ果穂 クマシデ果穂 クマシデ果苞
果苞の基部に果実がある。
クマシデ果苞 クマシデ果実 クマシデ果実
クマシデ
2013年6月6日 果穂 八雲
クマシデ果穂 クマシデ果苞 クマシデ果穂
果苞は2個で対になる。果苞の裏面。1個の果苞は長さ約3cm。
クマシデ果苞 クマシデ果苞 クマシデ果苞
果苞の裏面、基部に果実がある。果実は基部の小さな鱗片に包まれている。鱗片を除くと若い果実がある。
クマシデ果苞 クマシデ果苞 クマシデ果実
若い果実は長さ約2.5mm。葉は長さ約12cm。
クマシデ果実 クマシデ葉 クマシデ葉
クマシデ葉裏面 クマシデ
2009年6月21日 果穂 八雲
クマシデ果穂 クマシデ果穂 クマシデ果穂
クマシデ葉 クマシデ葉裏面 クマシデ葉
クマシデ樹皮 クマシデ
2007年6月16日 果穂 八雲果苞には鋭い鋸歯がある。重鋸歯があり、側脈が20〜24本ある。
クマシデ果穂 クマシデ果穂 クマシデ葉
葉柄のつけ根に托葉がある。脈上に長毛。雄花のあと枝。
クマシデ葉裏面 クマシデ クマシデ枝
クマシデ クマシデ
2010年4月17日 芽吹き 八雲
クマシデ芽吹き クマシデ芽吹き
2012年3月21日 冬芽 八雲
クマシデ冬芽 クマシデ冬芽 クマシデ冬芽
クマシデ冬芽 クマシデ枝 クマシデ樹皮
クマシデ
2012年10月13日 冬芽 宍道
クマシデ冬芽 クマシデ冬芽 クマシデ葉
葉身は長さ約9cm、側脈が24対ある。長毛がまばらにある。
クマシデ葉 クマシデ葉 クマシデ葉
脈上に長毛があり、脈腋に毛叢がある。
クマシデ葉裏面 クマシデ葉裏面 クマシデ葉裏面
クマシデ枝 クマシデ樹皮 クマシデ
クマシデ クマシデ
2015年9月29日 東忌部葉柄の上面に毛がある。葉身は10cm、先端は尖る。
クマシデ葉 クマシデ葉柄 クマシデ葉
側脈が20本ある。裏面の脈上に毛がある。冬芽。
クマシデ葉裏面 クマシデ葉裏面 クマシデ冬芽
樹皮。
クマシデ樹皮 クマシデ クマシデ

2012年8月8日 大東
クマシデ葉 クマシデ葉 クマシデ葉
クマシデ葉 クマシデ葉裏面 クマシデ葉裏面
クマシデ冬芽 クマシデ枝 クマシデ葉
クマシデ樹皮


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑