コヤブラン(小藪蘭)

多年草
関東以西〜九州の山地の木陰に生える。ヤブランに似るが地中に走出枝を伸ばして広がる。葉は線形で幅4〜7mm。花茎を伸ばして総状花序に多数の小さな花をつける。花は1節に数個ずつ集まってつく。花被片は淡紫色の楕円形。果皮は薄くて脱落し、種子は露出した状態で成熟し、紫黒色に熟す。花期は7〜9月。
学名は、Liriope spicata
ユリ科ヤブラン属


ヤブランの間違いでしたので変更しました。

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑