コウヤコケシノブ(高野苔忍)

常緑性シダ植物
青森県以南から四国、九州の岩上や樹幹に着生する。葉身は2〜3回羽状複葉で、長さ4〜8cm。裂片の縁に不規則な鋸歯がある。羽軸、小羽軸の翼は幅広く、中軸裏面に褐色の毛がつく。ソーラスは裂片の先端につき、胞膜は二弁状で基部まで裂け、唇部は鋸歯縁となる。
学名は、Hymenophyllum barbatum
コケシノブ科コケシノブ属


2014年9月2日 八雲
コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ
裂片の縁に鋸歯がある。包膜は2弁状。
コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ
コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ
2009年6月21日 八雲
コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ
裂片の縁に鋸歯がある。
コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ



2009年1月4日 八雲裂片の縁には不規則な鋸歯がある。羽軸の翼は幅が広い。
コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ
コウヤコケシノブ コウヤコケシノブ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑