コウヤボウキ(高野箒)

落葉小低木
関東地方以西〜九州の山地のやや日当たりのよい林縁などに生える。高さ50〜100cmになる。枝は短毛が生える。本年枝には長さ2〜5cmの卵形の葉が互生し、2年枝には細長い葉が数個ずつ束生する。ふちには浅い鋸歯がまばらにある。どちらも伏毛があり、3脈と細脈が目立つ。本年枝の先に直径1cmほどの頭花を1個ずつつける。頭花は白い筒状花が10数個集まったもので、筒状花は長さ約1.5cm。果実はそう果。長さ約6mm、毛が密生し、先端には赤褐色の冠毛がある。花期は9〜10月
冬芽はまるい。白っぽい毛が密生する。(樹に咲く花)
学名は、Pertya scandens
キク科コウヤボウキ属
似た花のナガバノコウヤボウキは2年枝に花がつく。


2013年10月21日 東忌部
コウヤボウキ花 コウヤボウキ花 コウヤボウキ花
頭花は筒状花のみで直径約2.5cm。花冠は長さ約2cm、冠毛は約1.2cm。
コウヤボウキ花 コウヤボウキ筒状花 コウヤボウキ葉
葉身は長さ約3.2cm。表面にも伏毛が多い。
コウヤボウキ葉 コウヤボウキ葉 コウヤボウキ葉裏面
裏面に伏毛が多い。枝に伏毛が多い。本年枝の先端に花をつける。
コウヤボウキ葉裏面 コウヤボウキ枝 コウヤボウキ
コウヤボウキ コウヤボウキ



2012年10月29日 玉湯筒状花は5深裂する。
コウヤボウキ花 コウヤボウキ花 コウヤボウキ花
花は直径約2cm。総苞は長さ約8mmの円柱形。子房(果実)には長さ約9mmの冠毛がある。
コウヤボウキ花 コウヤボウキ花 コウヤボウキ花
子房(果実)に毛が密生する。本年枝の先端に花をつける。
コウヤボウキ子房 コウヤボウキ
2010年11月17日 秋鹿
コウヤボウキ花 コウヤボウキ花 コウヤボウキ葉
裏面。浅い鋸歯の先端は刺状になる。枝には短毛が生える。2年枝には葉が数個ずつ束生する。
コウヤボウキ葉 コウヤボウキ枝 コウヤボウキ2年枝
本年枝には葉が互生する。
コウヤボウキ本年枝 コウヤボウキ
2005年10月9日 東忌部
コウヤボウキ花 コウヤボウキ花
2004年10月11日 佐草
コウヤボウキ花 コウヤボウキ花 コウヤボウキ花
本年枝
コウヤボウキ コウヤボウキ葉 コウヤボウキ
2003年10月12日 上来待本年枝の先端に花をつける。
コウヤボウキ花 コウヤボウキ
2013年1月7日 果実 東出雲
コウヤボウキ果実冠毛 コウヤボウキ果実冠毛 コウヤボウキ果実冠毛
筒状花が残っている。冠毛は長さ約1cm。
コウヤボウキ果実冠毛 コウヤボウキ果実冠毛 コウヤボウキ果実冠毛
果実は長さ約5mm、白毛に覆われる。果実の先端に花柱が残る。果実には白い長毛が密生する。
コウヤボウキ果実 コウヤボウキ果実 コウヤボウキ果実
冠毛には斜上する微毛がある。冠毛の拡大、微毛がある。冬芽は白毛に包まれる。
コウヤボウキ冠毛 コウヤボウキ冠毛 コウヤボウキ冬芽
コウヤボウキ コウヤボウキ
2012年2月22日 果実 玉湯果実は長さ約5mm、約1cmの冠毛がある。果実には毛が密生する。
コウヤボウキ果実冠毛 コウヤボウキ果実冠毛 コウヤボウキ果実
コウヤボウキ
2004年2月28日 佐草 果実と冠毛
コウヤボウキ果実冠毛 コウヤボウキ果実冠毛
2004年12月12日 果実と冠毛 東忌部
コウヤボウキ コウヤボウキ果実冠毛
2006年2月25日 田和山 果実の落ちた総苞の様子。
コウヤボウキ総苞 コウヤボウキ総苞 コウヤボウキ総苞
2007年5月5日 2年枝 東長江本年枝
コウヤボウキ2年枝 コウヤボウキ2年枝 コウヤボウキ葉
コウヤボウキ
2011年4月9日 2年枝の芽吹き 乃白
コウヤボウキ芽吹き コウヤボウキ芽吹き コウヤボウキ芽吹き
コウヤボウキ
2011年2月26日 冬芽は白い毛に覆われる。  玉湯2006年2月25日 冬芽 田和山
コウヤボウキ冬芽 コウヤボウキ冬芽 コウヤボウキ冬芽
2011年4月9日 冬芽 玉湯
コウヤボウキ冬芽 コウヤボウキ冬芽 コウヤボウキ冬芽
コウヤボウキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑