コウガイゼキショウ(笄石菖)

多年草
北海道〜九州の湿地に普通に生える。茎はそう生し扁平で翼はないかまたは狭翼があり、幅1〜2mm、高さ20〜40cm、葉は左右から扁平、多管質で幅2〜3mm内外。凹集散花序を作って多数の頭花をつけ、頭花は3〜8、最下の苞は葉状で常に花序より短い。花被片は披針形、鋭尖頭、淡緑色で内外片共にほぼ同長または時に内片の方が少し短く、約3〜3.5mm。雄ずいは3個、葯は花糸より短い。果実は長さ4〜4.5mm、先はやや急に嘴となって尖る。時に花序に芽を出すものがあり、変異が多い。 花期は6〜7月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Juncus leschenaultii
イグサ科イグサ属
ハリコウガイゼキショウやアオコウガイゼキショウは茎が円筒形、葉は単管質。アオコウガイゼキショウは頭花の花が2〜3(〜6)個と少ない。
ハナビゼキショウは茎は扁平で広い翼があり、葉は多管質。


2015年5月25日 宍道
コウガイゼキショウ果実 コウガイゼキショウ果実 コウガイゼキショウ果実
多いものは果実が8個ある。果実は花被片より少し長い程度。
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
花被片は長さ約3.5mm。外花被片と内花被片はほぼ同形、同長。果実は長さ約4mm。
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
1果実に入っていた種子。種子は未熟で、長さ約0.5mm。
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
茎は偏平。花茎は長さ約30cm。
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
コウガイゼキショウ



2015年8月8日 宍道
コウガイゼキショウ果実 コウガイゼキショウ果実 コウガイゼキショウ果実
果実は長さ約4mm。果実の横断面、3稜がある。熟して裂開した果実。
コウガイゼキショウ果実 コウガイゼキショウ果実 コウガイゼキショウ果実
果実は熟すと先端が3裂し、種子が出る。種子は長さ約0.5mm。
コウガイゼキショウ果実 コウガイゼキショウ種子 コウガイゼキショウ種子
種子の表面に網目状の模様がある。茎は長さ約22cm。
コウガイゼキショウ種子 コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
2007年6月30日 玉湯さく果は花被片より少し長い程度。
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
2010年4月25日 東忌部
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
2009年8月8日 下佐陀
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
2012年7月8日 若い果実 宍道
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ
コウガイゼキショウ コウガイゼキショウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑