コウボウシバ(弘法芝)

多年草
北海道〜九州の海岸砂浜に生える。根茎は長く横にはいまばらに生える。基部の鞘は無葉身で暗赤色を帯び、糸網はほとんど生じない。葉は幅2〜4mm。有花茎は高さ10〜30cm。上部2〜4個の小穂は雄性、長さ2〜3cm。下方の1〜2個は雌性で接近してつき、長さ1.5〜3cm。苞は葉身が長く、短い鞘がある。雌花の鱗片は狭卵形鋭尖頭、果苞とほぼ同長。果胞は無毛で、長さ6〜8mm、コルク質で無毛、先端はしだいに狭まって嘴となり、口部は硬化した鋭2歯、乾くとやや褐色に変色する。柱頭は3岐。湿った所に生えるものは生育が良く、背が高くなりシオクグに似てくるが、雌小穂がたがいに接近してつくこと、鱗片が長いこと、果胞の嘴が徐々に狭まることで区別できる。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex pumila
カヤツリグサ科スゲ属シオクグ節


2015年4月22日 島根上部に雄小穂が2個ある。
コウボウシバ コウボウシバ雄小穂 コウボウシバ雌小穂
花茎は長さ約14cm。上部に雄小穂が2個ある。下部の雌小穂は長い柄がある。
コウボウシバ コウボウシバ雄小穂 コウボウシバ
雌小穂は長さ約2.5cm。柱頭は3岐する。
コウボウシバ雌小穂 コウボウシバ雌鱗片 コウボウシバ雌花
雌鱗片は長さ約6.5mm。柱頭は3岐する。果胞の口部は2歯がある。
コウボウシバ雌鱗片 コウボウシバ柱頭 コウボウシバ口部
コウボウシバ コウボウシバ



2014年6月1日 美保関
コウボウシバ雌小穂 コウボウシバ果胞 コウボウシバ花序
苞は葉身が長い。雄小穂が2個つき、1個は雌雄性になっている。雌小穂はかたまってつく。
コウボウシバ花序 コウボウシバ雄小穂 コウボウシバ雌小穂
下部の雌小穂は長い柄がある。雌小穂は長さ約2.5cm。
コウボウシバ雌小穂 コウボウシバ雌小穂 コウボウシバ果胞
果胞は長さ約6.5mm、雌鱗片はほぼ同長で芒がある。果胞口部は2歯、柱頭は3岐。果胞はコルク質で厚みがある。
コウボウシバ果胞 コウボウシバ果胞 コウボウシバ果胞
果実は3稜形、長さ約3mm。果実の嘴が少し湾曲している。苞は有鞘。
コウボウシバ果実 コウボウシバ果実 コウボウシバ苞鞘
葉は幅約4mm。葉の裏面。
コウボウシバ葉 コウボウシバ葉裏面 コウボウシバ
2012年5月26日 鹿島鱗片と果胞はほぼ同長。
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
果実の頂部は湾曲した嘴状になる。
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ

崖地に近く湿った砂地に生えているもの。
2012年5月26日 鹿島
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
コウボウシバ コウボウシバ
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
コウボウシバ コウボウシバ
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
2011年9月24日 鹿島
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
コウボウシバ

2004年5月23日 果実 鹿島
コウボウシバ コウボウシバ
2007年6月10日 果実 島根上に伸びた花茎に雄小穂、下部に雌小穂がつく。
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
雌鱗片が非常に長く、湿った場所に生えるためか、或いは別種なのかもしれない。
2015年5月2日 美保関
コウボウシバ コウボウシバ雄小穂 コウボウシバ雌小穂
小穂の基部の雌鱗片が非常に長い。雄小穂は長さ約3cm。
コウボウシバ雌小穂 コウボウシバ コウボウシバ雄小穂
雄鱗片は長さ約6.5mm。下部の雌小穂は長い柄がある。雌小穂は長さ2〜3cm。
コウボウシバ雄鱗片 コウボウシバ コウボウシバ
基部の雌鱗片は長く、約17mm。雌鱗片長さ11mm、果胞は長さ約6mm。
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
雌鱗片は長さ11mm以上。柱頭は3岐。雌鱗片は長さ約7mm。果胞の口部は2歯がある。
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
葉は幅約4mm。茎は長さ約23cm。
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ
コウボウシバ コウボウシバ コウボウシバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑