サンインタチツボスミレ(仮称)(山陰立坪菫)

多年草
タチツボスミレに似ているが全体が小さい。高さ5〜10cm。茎はやや倒れ気味。葉は三角形、長さ幅とも1〜2cmで、縁に鋸歯がある。基部は切形であることや葉脈が不明瞭なことで、タチツボスミレと区別できる。花は淡紫色、約1.5cmと小さいが、花弁の幅は広く、唇弁は紫色の条がある。従来コタチツボスミレとされていたが、それとは異なるものと考えられており、まだ分類上の位置づけがはっきりしていない。分布の中心は西日本の日本海側とされるが、県内では瀬戸内側に広く分布し、タチツボスミレと混生もするが、タチツボスミレより、やや高所の乾いた所で見る。花期は4〜5月。(広島の山野草)
学名は、Viola grypoceras var. ?
スミレ科スミレ属
スミレの分類


2011年4月6日 玉湯
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ柱頭
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ葉 サンインタチツボスミレ葉
サンインタチツボスミレ葉裏面 サンインタチツボスミレ托葉 サンインタチツボスミレ
サンインタチツボスミレ



2009年3月28日 玉湯
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ葉
サンインタチツボスミレ葉 サンインタチツボスミレ
2009年3月28日 玉湯
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ葉
サンインタチツボスミレ葉 サンインタチツボスミレ托葉 サンインタチツボスミレ
2009年3月28日 玉湯
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ托葉
サンインタチツボスミレ葉 サンインタチツボスミレ葉 サンインタチツボスミレ
サンインタチツボスミレ
2009年3月20日 西忌部
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ葉
サンインタチツボスミレ葉 サンインタチツボスミレ托葉 サンインタチツボスミレ
サンインタチツボスミレ
2007年4月8日 枕木
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花
サンインタチツボスミレ葉 サンインタチツボスミレ葉裏面 サンインタチツボスミレ
2006年4月23日 西忌部
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ葉
サンインタチツボスミレ葉裏面 サンインタチツボスミレ
2005年4月16日 八雲
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ托葉
サンインタチツボスミレ
2006年4月23日 西忌部 白花
サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ花 サンインタチツボスミレ葉
サンインタチツボスミレ葉裏面 サンインタチツボスミレ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑