コスズメガヤ(小雀茅)

1年草
ユーラシア原産。本州〜沖縄の空き地や路傍に生育し、疎生またはやや群生する。茎は高さ10〜35cm、平滑、下部は倒伏する。葉は長さ3〜12cm、幅3〜5mm、基部に毛がある。葉舌は白色の毛状。葉鞘は無毛、腺点があり、腺点は葉鞘のほか節の下や花序の枝、小梗などにも散在または環状に並ぶ。花序は円錐状、長さ5〜10cm、花軸の各節から1個の枝を出し、密に小穂をつける。小穂は線状披針形、長さ5〜7mm、幅1.8〜2mm、5〜12小花からなり、やや紫色を帯びる。第1苞穎は長さ1.2〜1.5mm、1脈。第2苞穎は1.5〜1.8mm、1脈。果実は広楕円形、褐色、長さ0.5〜0.6mm。花期は7〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Eragrostis poaeoides
イネ科カゼクサ属
スズメガヤは小穂の幅が2.5mm以上と広い。


2013年6月27日 殿小穂は長さ約4〜5mm。
コスズメガヤ花序 コスズメガヤ小穂 コスズメガヤ小穂
小穂は長さ約3.5mm。包穎、第1包穎が短い。小花の護穎と内穎。
コスズメガヤ小穂 コスズメガヤ小穂 コスズメガヤ小花
包穎に腺があり、背に刺がある。未熟な果実、長さ約0.5mm。花梗に環状の腺がある。
コスズメガヤ苞穎 コスズメガヤ果実 コスズメガヤ花梗
花梗の腺と刺。茎に腺がある。
コスズメガヤ花梗 コスズメガヤ茎 コスズメガヤ花序
葉の基部に毛がある。
コスズメガヤ葉 コスズメガヤ葉鞘 コスズメガヤ
コスズメガヤ コスズメガヤ コスズメガヤ



2010年10月17日 横浜
コスズメガヤ花序 コスズメガヤ小穂 コスズメガヤ小穂
第1苞穎、第2苞穎はほとんど同長。小花は長さ約1.5mm。
コスズメガヤ小穂 コスズメガヤ小穂 コスズメガヤ小花
護穎(上)と内穎(下)と果実(右)果実は長さ約0.5mm。花序枝の小梗に環状の腺がある。
コスズメガヤ小花 コスズメガヤ果実 コスズメガヤ
葉の基部、葉鞘口部に長毛がある。
コスズメガヤ葉鞘 コスズメガヤ コスズメガヤ
コスズメガヤ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑