コスミレ(小菫)

多年草
本州〜九州の人家近くや山野に生える。高さ6〜12cmになる。葉は数多く束生し、花期には長さ2〜5cmの長卵形で先はとがる。裏面は淡紫色を帯びる。夏の葉は三角形で大きい。花は白っぽいものから淡紅色まで変化が多い。花弁は長さ1〜1.5cmで幅が狭く、紫色のすじが目立つ。側弁はふつう無毛だが、ときに毛のあるものもある。柱頭はカマキリ型。距は長さ6〜8mmで細長い。距に毛が散生するものもある。コスミレは変異が多く、葉に毛があって、ノジスミレに似ているものや、花の色が紅紫色でアカネスミレに似ているものもある。花期は3〜4月。(野に咲く花)
学名は、Viola japonica
スミレ科スミレ属
側弁の有毛のものをヒゲコスミレといい、関西に多い。
スミレの分類


2013年4月18日 枕木山側弁は無毛。距は長い。
コスミレ花 コスミレ側弁 コスミレ距
花は長さ約1.8cm花は直径約2cm。側弁は無毛。柱頭はカマキリの頭形。
コスミレ花 コスミレ花 コスミレ柱頭
葉柄の基部に長三角形の托葉がある。
コスミレ葉 コスミレ葉 コスミレ托葉
卵形の葉は、長さ約4cm。長卵形の葉、長さ約5cm。
コスミレ葉 コスミレ葉裏面 コスミレ葉
葉の表面に毛が多い。
コスミレ葉 コスミレ葉裏面 コスミレ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑