コシロネ(小白根)

多年草
北海道〜九州の湿地に生える。高さ15〜60cm。茎はあまり枝分かれせず、直立する。葉は対生し、長さ2〜4cm、幅1〜2cmの披針形〜卵形でふちに粗い鋸歯がある。葉腋に長さ約3mmの白い唇形花を密につける。萼は5中裂し、裂片は狭三角形で先端はとがる。雄しべは2個。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Lycopus cavaleriei
シソ科シロネ属
下部でよく枝分かれをするものをヒメサルダヒコという。よく似たエゾシロネは萼の裂片の先が三角状になるのみで尖らない。また、ヒメシロネは葉が細く、鋭い鋸歯がある。


2009年9月13日 宍道葉の基部はくさび形となり葉柄に続く。
コシロネ花 コシロネ花 コシロネ葉
コシロネ葉裏面 コシロネ花序 コシロネ



2007年8月10日 東忌部
コシロネ花 コシロネ花 コシロネ花
コシロネ葉 コシロネ葉裏面 コシロネ茎
コシロネ
2003年9月28日 玉湯
コシロネ花 コシロネ葉 コシロネ
2011年11月2日 果実 古志果実は4分果。
コシロネ果実 コシロネ果実 コシロネ果実
分果は長さ約1.3mm。
コシロネ果実 コシロネ果実 コシロネ果実
分果の周囲に翼がある。分果の腹面。分果の背面。
コシロネ果実 コシロネ果実 コシロネ果実
葉の基部はくさび形になり葉柄がある。分果の背面。
コシロネ葉 コシロネ葉 コシロネ葉
コシロネ葉裏面 コシロネ果序 コシロネ果序
コシロネ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
<Homeへ>