コニシキソウ(小錦草)

1年草
北アメリカ原産。明治中期に渡来し、今では各地の道ばたや畑にふつうに見られ、在来のニシキソウを圧倒している。茎は長さ10〜20cmになり、地を這って広がる。葉は対生し、長さ0.7〜1cmの長楕円形で、表面の暗紫色の斑紋がよく目立つ。基部は左右が非常に不ぞろい。枝の上部の葉腋に汚れた淡紅紫色の杯状花序をつける。さく果には白色の寝た毛が密生する。花期は6〜9月。(野に咲く花)
学名は、Chamaesyce maculata
トウダイグサ科ニシキソウ属
よく似た仲間にニシキソウがあるが、ニシキソウはさく果に毛がない。


2015年8月11日 玉湯腺体の付属体に囲まれて雌しべがある。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ花序
花序の直径は約0.6mm、長さ約1.2mm。大きくなり始めた子房。
コニシキソウ花序 コニシキソウ花序 コニシキソウ花序
受粉後子房が大きくなり、雄しべが伸びる。花柱が3個あり、柱頭が2裂する。果実が大きくなると柄が伸び花序から出る。
コニシキソウ花序 コニシキソウ花序 コニシキソウ花序
果実には白毛が密生する。若い果実は直径約1.5mm。種子が3個入っていた、長さ約0.8mm。
コニシキソウ果実 コニシキソウ果実 コニシキソウ種子
コニシキソウ



2014年8月21日 玉湯 腺体の付属体が目立たない個体。
黒変した4個の雄しべがある。腺体の間から花柱がのぞいている。4個の腺体と花柱。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
花序は長さ約6mm。受粉した雌花は子房が大きくなる。子房(果実)が花序から飛び出す。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
幼い果実は長さ約1mm。葉は長さ約7mm。縁に鋸歯があり、基部は左右不相称。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
コニシキソウ
2012年8月26日 八雲果実に毛がある。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
2012年8月16日 玉湯
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
2015年10月3日 果実 西谷果実に短毛が密生する。果実は3稜形。
コニシキソウ果実 コニシキソウ果実 コニシキソウ果実
果実を割ると膨らみに1個ずつ種子が入る。種子は長さ約0.9mm。種子には4稜がある。
コニシキソウ果実 コニシキソウ種子 コニシキソウ種子
種子の側面に不明瞭な横しわがある。
コニシキソウ種子 コニシキソウ コニシキソウ
2012年8月8日 果実 大庭果実に短毛が密生する。茎にも短毛が密生する。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
葉に斑紋のないタイプ。葉は対生する。葉は長さ約1cm。葉の基部の左右が不揃い。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
2006年7月15日 末次
コニシキソウ コニシキソウ
2004年8月1日 玉湯
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
2005年8月13日 上乃木  斑紋はないが、さく果に毛が多い。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ
2005年9月24日 玉湯
コニシキソウ
2015年8月19日 大庭高さ10cmほどに立ち上がっている。
コニシキソウ コニシキソウ コニシキソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑