コンギク(紺菊)

多年草
ノコンギクの自生品種のなかから選ばれたもので、古くから観賞用に栽培されている。舌状花は青紫色〜紅紫色。花期は8〜11月。(野に咲く花)
学名は、Aster microcephalus var. ovatus ’Hortensis’
キク科シオン属
舌状花の色以外はノコンギクと同じ。


道路脇や人家近くであり、栽培品の逸出と思われる。またノコンギクの色の濃いものかもしれない。
2010年11月13日 玉湯大谷直径2.5〜3cmくらいある。頭花の断面。
コンギク花 コンギク花 コンギク花
舌状花の冠毛筒状花の冠毛。総苞。
コンギク舌状花 コンギク筒状花 コンギク
コンギク コンギク コンギク葉
葉には3脈がめだつ。
コンギク葉 コンギク葉 コンギク葉裏面
コンギク茎 コンギク コンギク
コンギク



2010年11月20日 西忌部
コンギク花 コンギク花 コンギク花
コンギク花 コンギク蕾 コンギク葉
コンギク葉 コンギク葉裏面 コンギク葉裏面
コンギク茎 コンギク コンギク
コンギク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑