コムラサキ(小紫)

落葉低木
本州〜沖縄の山麓の湿地や湿った原野に生える。高さ2mほどになる。樹皮は黄褐色でなめらか。やや大きい淡褐色の皮目が散在する。枝は紫色を帯び、はじめ星状毛があるが、のちに無毛。枝先は垂れ下がる。葉は対生。葉身は長さ3〜7cm、幅1.5〜3cmの倒卵状長楕円形。先は尾状にとがり、基部はくさび形。ふちの上半部には粗い鋸歯がある。両面とも無毛。裏面には腺点が多い。葉柄は長さ1〜4mm。葉腋のやや上から集散花序をだし、淡紅紫色の花を10〜20個つける。花冠は長さ3mmほどで、上部は4裂し、裂片は平開する。雄しべは4個、雌しべは1個、ともに花冠の外につきでる。果実は核果。直径約3mmの球形で、紫色に熟す。核は長さ2mmほどの扁平な倒卵形。花期は7〜8月。
 冬芽は卵形または球形で、2〜3対の芽鱗があり、淡褐色の星状毛に覆われる。側芽は長さ1〜2mm。枝先は枯れるので、頂芽はできない。(樹に咲く花)
学名は、Callicarpa dichotoma
シソ科ムラサキシキブ属
よく似た仲間にヤブムラサキムラサキシキブがある。


2012年7月21日 野生化 上乃木葉腋の少し上から花序枝が出る。葉の上半部に鋸歯がある。
コムラサキ コムラサキ コムラサキ
コムラサキ コムラサキ



2015年10月17日 果実 野生化 八雲果実は直径約4.5mm。
コムラサキ果実 コムラサキ果実 コムラサキ果実
核は4個入る。長さ約1.8mm。核の背面。
コムラサキ果実 コムラサキ核 コムラサキ核
核の腹面。葉の上半部にのみ鋸歯がある。
コムラサキ核 コムラサキ コムラサキ
コムラサキ
2010年10月17日 果実 野生化 東朝日葉腋の少し上から花序枝を出す。
コムラサキ コムラサキ コムラサキ
葉の上半部に鋸歯がある。葉裏には腺点が多い。
コムラサキ コムラサキ コムラサキ
石垣の間に生えている。
コムラサキ コムラサキ コムラサキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑