コモチシダ(子持羊歯)

常緑性シダ植物
宮城県以西〜九州の海岸近く向陽の山麓から山地の林縁斜面に生える。葉柄基部の鱗片は披針形の淡褐色〜褐色。葉身は広卵形の1回羽状複葉。大きな葉では羽片表面に無性芽をつけることがある。ソーラスは長楕円状で、羽軸や裂片の中肋沿いにつく。
学名は、Woodwardia orientalis
シシガシラ科コモチシダ属


2011年2月19日 大海崎
コモチシダ コモチシダ コモチシダ
コモチシダ コモチシダ コモチシダ



2009年6月14日 宍道
コモチシダ コモチシダ コモチシダ
コモチシダ コモチシダ
2008年8月24日 宍道裂片には細かい鋸歯がある。先端部分は葉軸に翼がある。
コモチシダ コモチシダ コモチシダ
裏面
コモチシダ コモチシダ コモチシダ
コモチシダ コモチシダ コモチシダ
コモチシダ コモチシダ コモチシダ
2009年4月19日 新芽 宍道
コモチシダ コモチシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑