コミヤマミズ(小深山水)

1年草
関東地方西南部以西〜九州の山中の木陰の湿った場所に生える。長い地下茎がある。茎は高さ50〜90cm、細線密布。葉は卵状長楕円形、長鋭尖頭、基部は円く、長さ7〜15cm、ふちに鈍鋸歯があり、3脈が目立つ。上面には毛を散生し、結晶線が不規則に密に並ぶ。葉柄は3〜6cm。托葉は長楕円状披針形1〜2cm。雌雄異株、集散花序につく。雄花は直径1.8mm、4裂。雌花の花被は1側が全裂し、長さ果実より短い。果実は広卵形レンズ状、長さ0.6〜0.9mm、いぼ状突起がある。花期は8〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Pilea pseudopetiolaris
イラクサ科ミズ属



2014年9月2日 雄花序 八雲

コミヤマミズ

コミヤマミズ雄花序

コミヤマミズ葉

コミヤマミズ葉

コミヤマミズ葉

コミヤマミズ葉

コミヤマミズ葉裏面

コミヤマミズ葉裏面

コミヤマミズ葉裏面

コミヤマミズ

コミヤマミズ

2011年8月27日 雄花序 八雲

コミヤマミズ雄花

コミヤマミズ雄花

コミヤマミズ雄花序

コミヤマミズ葉

コミヤマミズ葉裏面

コミヤマミズ

コミヤマミズ




2009年9月19日 雌花序 八雲矢谷先端は尾状に尖る。

コミヤマミズ雌花

コミヤマミズ雌花

コミヤマミズ葉

低くて小さな鋸歯がある。

コミヤマミズ葉

コミヤマミズ葉裏面

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

2005年9月17日 雄花序 八雲矢谷雌花序葉の先が長く尖る。

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

2006年9月2日 天宮山

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

2006年9月2日 天宮山

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

2005年8月20日 八雲須谷

コミヤマミズ

コミヤマミズ

2010年7月24日 八雲

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ

コミヤマミズ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑