コミカンソウ(小蜜柑草)

1年草
本州〜沖縄の畑や道ばたに生える。高さ5〜20cm。茎は赤みを帯びる。多くの横枝をだし、その両側に葉が規則正しく互生するので、羽状複葉のように見える。葉は長さ0.6〜1.5cmの長楕円形〜倒卵形。花はごく小さく、上部の葉腋に雄花、下部の葉腋に雌花がつく。いずれも花被片は6個で、雄花には雄しべ3個と腺体6個がある。雌花の花被片は赤みを帯び、子房は球形で、表面に隆起したしわがあり、果実になっても残る。さく果は直径約2.5mmで赤褐色。花期は7〜10月。(野に咲く花)
学名は、Phyllanthus urinaria
コミカンソウ科コミカンソウ属
似た仲間にヒメミカンソウがある。


2013年10月7日 花と果実 鹿島枝の先端に雄花、下部に雌花がつく。果実には短い柄がある。
コミカンソウ コミカンソウ雄花雌花 コミカンソウ果実
雌花、花被片は6個。柱頭と子房。柱頭は3裂し、更に2裂する。雌花は直径約1.5mm。
コミカンソウ雌花 コミカンソウ雌花 コミカンソウ雌花
雄花、花被片が6個ある。雄しべ3個と基部に腺体が6個ある。雄花は直径約1.5mm。
コミカンソウ雄花 コミカンソウ雄花 コミカンソウ雄花
雄花(左)、果実(中)、雌花(右)。果実には短い果柄がある。果実は直径約3mm。
コミカンソウ果実 コミカンソウ果実 コミカンソウ果実
果実には隆起したしわがある。果実の裏面、花被片が残る。果実は3室あり、種子が2個ずつ入る。
コミカンソウ果実 コミカンソウ果実 コミカンソウ果実
種子は長さ約1mm。種子には横しわがある。
コミカンソウ種子 コミカンソウ種子 コミカンソウ枝
枝は長さ約5cm、葉が互生に多数つく。葉は長さ約8mm。葉の縁に小さな毛がある。
コミカンソウ枝 コミカンソウ葉 コミカンソウ葉
葉の裏面は白い。
コミカンソウ枝裏面 コミカンソウ葉裏面 コミカンソウ葉裏面
茎は無毛。
コミカンソウ茎 コミカンソウ コミカンソウ



2005年8月13日 上乃木果実と上部が雄花
コミカンソウ コミカンソウ コミカンソウ
2007年11月17日 果実 上乃木左が雌花で右端が雄花、直径約1mm。
コミカンソウ コミカンソウ
2004年8月14日 上乃木
コミカンソウ コミカンソウ コミカンソウ
コミカンソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑