コメツブヤエムグラ(米粒八重葎)

1年草
南ヨーロッパ原産。1992年に神奈川県で採集され、その後、埼玉県、千葉県などで確認されている。乾いた草地や路傍に生える。茎は直立または斜上、よく分岐し、下向きの刺がある。葉は長さ5〜7mm、幅0.5mm、縁には上向きの刺がある。花序は茎頂や葉腋に生じ、総花柄は長さ5〜20mm、小花柄は長さ1〜2mm。花冠は直径0.5〜1mm、内側は黄緑色、外面は橙色を帯びる。果実は平滑または上部にわずかに半球形の突起ががあり、直径約0.5mm。別名 ヒメヤエムグラ。花期は6〜7月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Galium divaricatum
アカネ科ヤエムグラ属


2013年6月23日 宍道
コメツブヤエムグラ花 コメツブヤエムグラ花 コメツブヤエムグラ花序
果実は熟すと黒くなる。花冠は直径約1mm。
コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ花
若い果実、表面は無毛。果実は長さ約0.6mm。
コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果実
果実は2分果からなる。表面に半球形の突起、網目模様がある。分果には1個の種子がある。
コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ種子
葉は6〜8枚が輪生する。葉の縁には刺がある。
コメツブヤエムグラ種子 コメツブヤエムグラ葉 コメツブヤエムグラ葉
葉は長さ約7mm。表面(上)と裏面(下)。茎には下向きの刺がある。枝はよく分岐する。
コメツブヤエムグラ葉 コメツブヤエムグラ茎 コメツブヤエムグラ
コメツブヤエムグラ コメツブヤエムグラ コメツブヤエムグラ



2012年7月8日 宍道花冠は直径約1mm。
コメツブヤエムグラ花 コメツブヤエムグラ花 コメツブヤエムグラ果実
果実は平滑に見える。小果柄は約1.5〜1.8mm。果実は長さ約0.7mm。
コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果柄 コメツブヤエムグラ果実
果実の表面が粒状のものに覆われている。
コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果実
分果は長さ約0.7mm。分果の表面。
コメツブヤエムグラ分果 コメツブヤエムグラ分果 コメツブヤエムグラ分果
葉は8枚輪生する。葉は長さ約7mm、縁に上向きの刺がある。
コメツブヤエムグラ葉 コメツブヤエムグラ葉 コメツブヤエムグラ葉裏面
茎はよく分岐する。茎には下向きの刺がある。
コメツブヤエムグラ コメツブヤエムグラ コメツブヤエムグラ茎
基部でよく分岐し斜上する。道路縁石の縁に密生している。
コメツブヤエムグラ コメツブヤエムグラ コメツブヤエムグラ
2016年7月27日 果実 宍道分果は長さ0.7〜0.8mm。
コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果実 コメツブヤエムグラ果実
花期が過ぎ枯れている。
コメツブヤエムグラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑