コジュズスゲ(小数珠菅)

多年草
北海道〜本州の平地から山地の湿った樹林内、湿地、水田畦などに生える。根茎は短く叢生する。基部の鞘は淡色。葉は粉緑色で幅2〜10mm。有花茎は高さ10〜40cm。小穂はたがいに離れてつき、頂小穂は雄性、緑白色、ほとんど柄はなく、長さ5〜12mm。側小穂1〜3個は雌性、長さ1〜1.5cm、まばらに数個の果胞をつけ、ふつう柄は直立または斜上している。苞は葉身があり、有鞘。雌鱗片は白膜質で中肋は緑色、鋭頭、果胞のほぼ半長。果胞は長さ5〜6mm、まれに8mm、有脈で無毛。柱頭は3岐。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex parciflora var. macroglossa
カヤツリグサ科スゲ属タマツリスゲ節


2014年5月22日 八雲雌小穂につく花は少ない。雄小穂は小さく、鱗片は緑白色。
コジュズスゲ花序 コジュズスゲ花序 コジュズスゲ雄小穂
コジュズスゲ雌小穂 コジュズスゲ花序 コジュズスゲ花序
ここのものは雄小穂の柄が約2cmと長い。下部の雌小穂は長い柄がある。
コジュズスゲ花序 コジュズスゲ花序 コジュズスゲ雌小穂
雌小穂は長さ約1.5cm。果胞は長さ約6mm。柱頭は3岐する。
コジュズスゲ雌小穂 コジュズスゲ果胞 コジュズスゲ果胞
雌鱗片に長い芒のあるもの。長さ約5.5mm。芒のない雌鱗片、長さ約3.5mmm。果胞内部で花柱が湾曲する。
コジュズスゲ果胞 コジュズスゲ果胞 コジュズスゲ果実
果実は長さ約2.5mm。葉の幅は約4mm。
コジュズスゲ果実 コジュズスゲ果実 コジュズスゲ葉
葉の裏面。花茎は長さ約30cm。
コジュズスゲ葉裏面 コジュズスゲ葉 コジュズスゲ
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ



2013年5月26日 東出雲雄小穂は小さく、鱗片は緑白色。雌小穂につく花は少ない。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
果胞は長さ約5mm。雌鱗片は長さ約3.5mm、白膜質で中肋は緑色。果胞の口部は凹形。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
果実は倒卵形、3稜形。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
苞は有鞘。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
2007年5月3日 佐草小穂まで高さ約50cm。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
雄小穂の鱗片の側面は白色。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
コジュズスゲ

2012年6月26日 東長江
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
雌鱗片は長さ約3.4mm。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
果胞は長さ約5mm。
コジュズスゲ コジュズスゲ
花柱は湾曲する。果実は長さ約2.3mm。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
コジュズスゲ
2012年5月7日 東長江花柱が3岐する。
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
コジュズスゲ コジュズスゲ コジュズスゲ
コジュズスゲ コジュズスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑