コハウチワカエデ(小葉団扇楓)

落葉高木
本州〜九州の山地に生える。ミズナラやブナの生える温帯林に多い。大きいものは高さ10〜15m、直径60cmになる。幹は直立し、分岐した枝もやや直立する。樹皮は暗灰色。成木は縦に浅く割れる。本年枝は緑色〜紅紫色でつやがあり、ふつう毛がある。葉は対生。葉身は直径5〜8cmで、掌状に5〜11裂する。基部はハート形または切形。裂片は狭卵形または広披針形で先は短くとがり、ふちには鋭い単鋸歯または重鋸歯がある。洋紙質で、裏面は花時には両面とも白い綿毛が密生するが、成葉では裏面の脈上にだけ残る。葉柄は葉身と同長または2/3の長さで、毛がある。雌雄同株。ふつうひとつの花序に雄花と両性花が混在する。淡黄色の小さな花を複散房花序に15〜20個つける。花序には白い綿毛が密生する。花弁は5個。子房には軟毛が密生する。萼片は淡黄色ときに紫色。果実は翼果。分果は長さ1.5〜2cmで短い軟毛がある。翼はほぼ水平に開く。果柄は有毛。6〜9月に熟す。花期は5〜6月。
 冬芽は長さ2.5〜4mmの円錐形。芽鱗は4対。基部に黄褐色の膜質鱗片があり、内側に毛が生える。頂芽はふつうできず、枝先に仮頂芽が2個つく。葉痕はV字形またはU字形で細い。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Acer sieboldianum
ムクロジ科カエデ属



2011年5月7日 西谷両性花

コハウチワカエデ両性花

コハウチワカエデ両性花

コハウチワカエデ両性花

雄花

コハウチワカエデ雄花

コハウチワカエデ雄花序

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ花序

コハウチワカエデ樹皮

コハウチワカエデ




2009年4月19日 宍道

コハウチワカエデ花

コハウチワカエデ花序

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ枝

コハウチワカエデ

虫えい

コハウチワカエデ樹皮

コハウチワカエデ

コハウチワカエデ虫えい

コハウチワカエデ虫えい

2011年4月17日 芽吹き 玉湯

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ

コハウチワカエデ樹皮

コハウチワカエデ

2010年5月4日 西長江

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ枝

コハウチワカエデ

コハウチワカエデ

2012年11月28日 黄葉 西長江葉は直径約7cm。葉柄は長さ約2.5cm。表面は無毛。

コハウチワカエデ黄葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

裏面裏面の脈腋、脈上に毛がある。葉柄に毛がある。

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ葉柄

仮頂芽が2個つく。側芽。冬芽の基部に毛がある。

コハウチワカエデ冬芽

コハウチワカエデ冬芽

コハウチワカエデ樹皮

コハウチワカエデ

2009年11月23日 黄葉 宍道来待

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ冬芽

コハウチワカエデ冬芽

コハウチワカエデ樹皮

コハウチワカエデ

2010年12月1日 紅葉 西生馬

コハウチワカエデ紅葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉

コハウチワカエデ葉裏面

コハウチワカエデ

コハウチワカエデ冬芽

コハウチワカエデ冬芽

コハウチワカエデ樹皮

コハウチワカエデ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑