コハシゴシダ(小梯子羊歯)

常緑シダ植物
新潟県、石川県、関東地方南部以西のやや乾いた林縁、人家の石垣に生える。葉は小型で葉柄は長さ3〜20cm。羽片は下部まで互生する。葉柄はわら色で毛が生え、下部で暗褐色、基部に三角状長楕円形、褐色の鱗片がつく。葉は1回羽状複葉。羽片基部は広いくさび形の短柄で、羽片基部の上側の裂片が次の裂片から独立してやや大きくなる。中軸、羽軸裏に毛が多い。裂片の側脈は単条で先端は葉縁に達する。ソーラスは中肋と辺縁の中間につき、包膜は馬蹄形〜半月形。
学名は、Thelypteris angustifrons
ヒメシダ科ヒメシダ属


2008年11月1日 東忌部羽片は上部まで互生する。
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ
羽片基部の上側裂片は独立する。ソーラスは中間につく。
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ



2008年11月1日 東忌部
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ
2008年9月7日 玉湯
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ
羽片基部の裂片は独立する。
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ
包膜は馬てい形〜三日月形。側脈は辺縁に達する。
コハシゴシダ コハシゴシダ コハシゴシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。