コハクウンボク(小白雲木)

落葉小高木
関東地方以西〜九州の山地に生える。高さ4〜10mになる。樹皮は灰褐色または紫褐色でなめらか。老木では縦に裂け目が入る。若枝は星状毛が密生する。古くなると表面は縦に裂けてはげ落ち、なめらかになる。葉は互生。葉身は長さ5〜8cm、幅4〜7cmの倒卵形。上半部には不規則な大きな歯牙があり、基部は広いくさび形。洋紙質でややかたく、5〜7対の側脈がある。表面は脈上に星状毛が散生し、細脈までへこむので、しわがよったように見える。裏面は淡緑白色で、星状毛がまばらにある。葉柄は長さ5〜15mm。枝先に短い総状花序をだし、白色の花を数個つける。花序は長さ3〜6cm。花冠は長さ1.5〜2cmの漏斗状鐘形で、5中裂する。雄しべは10個。花糸には星状毛がある。雌しべは1個。雄しべや花柱は花冠より短い。萼は広い筒状で上部は5浅裂し、裂片は三角形、外面には黄褐色の星状毛が密生する。果実はさく果。長さ1〜1.2cmの卵球形、表面には星状毛が密生して灰白色。9〜10月、不規則に縦に裂けて、褐色の種子を1個だす。花期は6月。
冬芽は葉柄の基部に包まれ、落葉するまで見えない。長さ5〜7mm楕円形で、芽鱗はなく、細かい淡褐色の毛に覆われる。先はややとがり、基部には副芽が発達する。葉痕はO字形で、冬芽を取り囲み、すこし隆起する。(樹に咲く花)
学名は、Styrax shiraiana
エゴノキ科エゴノキ属


2007年9月23日 大山
コハクウンボク コハクウンボク コハクウンボク




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑