コゴメスゲ(小米菅)

常緑多年草。
関東南部以西〜九州の平地から低山地の疎林内や草地に生える。根茎は短く密に叢生する。基部の鞘は葉身があり、濃褐色で後に繊維に分解する。葉は硬く幅2〜4mm、ふつうナキリスゲより明るい色をしている。有花茎はは高さ40〜80cm。苞は有鞘、上方のものは刺状、下方のものは長い葉身がある。小穂は1節に2〜5個をつけ、下部のものはときに枝分かれし、長さ1〜2.5cm、幅2〜2.5mm、すべて雄雌性。雌鱗片は果胞の肩の高さまであり、ほぼ果胞全体を隠すことが多い。果胞はやや小さく、長さ2.5〜3mm、基部の柄は短く0.5mm以下、嘴も短く、長さ0.5〜1mm、細脈が多数あり、寝た短毛がある。柱頭は2岐。果期は9〜11月。(日本のスゲ)
学名は、Carex brunnea
カヤツリグサ科スゲ属ナキリスゲ節
よく似たナキリスゲは果胞が長さ2.8〜3.5mm、匍匐枝はなく大株となる。センダイスゲは長い匍匐根茎があり疎らに生え、果胞は長さ3〜3.5mm。


2015年10月6日 島根小穂は雄雌性で先端は雄性部になる。
コゴメスゲ花序 コゴメスゲ花序 コゴメスゲ小穂
小穂は長さ約2cm、幅約2mm。小穂の頂部は雄性で長さ約5mm。
コゴメスゲ花序 コゴメスゲ小穂 コゴメスゲ小穂
雄鱗片。雄鱗片は長さ約2.5mm。
コゴメスゲ雄鱗片 コゴメスゲ雄鱗片 コゴメスゲ果胞
雌鱗片は果胞の肩くらいまで。雌鱗片は長さ約2mm。
コゴメスゲ果胞鱗片 コゴメスゲ果胞鱗片 コゴメスゲ果胞鱗片
果胞は長さ2.3〜2.5mm。果胞には伏毛があり、口部は2歯。
コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞
果実は長さ約1.4mm、柱頭は2岐。果実は円形、柱基はやや膨れる。
コゴメスゲ果実 コゴメスゲ果実 コゴメスゲ果実
花序は高さ約55cm。大きな株になる。
コゴメスゲ コゴメスゲ コゴメスゲ
コゴメスゲ コゴメスゲ



2015年10月10日 大東
コゴメスゲ花序 コゴメスゲ小穂 コゴメスゲ小穂
小穂は長さ1.7cm。小穂は雄雌性、先端に雄花部がある。果胞は長さ2.1〜2.5mm。
コゴメスゲ小穂 コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞
鱗片は果胞の肩くらい。柱頭は2岐。
コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞鱗片
雌鱗片は長さ約2mm。果胞の口部は2歯、伏毛が多い。
コゴメスゲ果胞鱗片 コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞
果実は広卵形、長さ約1.5mm。
コゴメスゲ果実 コゴメスゲ コゴメスゲ
有花茎は長さ約50cm。草刈りされているが、大株となっている。
コゴメスゲ コゴメスゲ コゴメスゲ
2015年10月10日-1 大東小穂は雄雌性。
コゴメスゲ花序 コゴメスゲ花序 コゴメスゲ小穂
小穂は長さ約1.5cm。小穂は雄雌性。
コゴメスゲ花序 コゴメスゲ小穂 コゴメスゲ小穂
柱頭は2岐し、鱗片は果胞の肩くらい。鱗片は長さ約2mm。
コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞鱗片 コゴメスゲ果胞鱗片
果胞は長さ2.3〜2.6mm。
コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞
果胞の口部は2歯、伏毛が多い。果実は広卵形、長さ約1.5mm。
コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果実
花茎は長さ約55cm。
コゴメスゲ コゴメスゲ コゴメスゲ
コゴメスゲ
2013年10月31日 大東
コゴメスゲ コゴメスゲ コゴメスゲ
頂小穂は雄花部が長く、雄花のみに見えるが、小穂の下部に雌花がある。
コゴメスゲ小穂 コゴメスゲ頂小穂 コゴメスゲ雌花
小穂は雄雌性、先端の雄花部は短い。小穂の先端部に雄花がつく。先端部の雄花。
コゴメスゲ小穂 コゴメスゲ小穂 コゴメスゲ小穂
果胞と鱗片。果胞には開出毛がある。柱頭は2岐。多数の脈が目立つ。
コゴメスゲ小穂 コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果胞
果胞は長さ約2.4mm、鱗片は1.7mm。果胞は長さ約2.3mm、毛が密生する。果実は長さ約1.5mm。
コゴメスゲ果胞鱗片 コゴメスゲ果胞 コゴメスゲ果実
鱗片は長さ1.7〜2.5mm。鱗片は長さ約2.3mm。
コゴメスゲ鱗片 コゴメスゲ鱗片 コゴメスゲ
草刈りのため葉が全て刈られている。
コゴメスゲ コゴメスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑