コゴメギク(小米菊)

1年草
熱帯アメリカ原産。大正時代に入り、今は全国に分布する。ハキダメギクにそっくりである。ルーペを用いて花を比べてみると、コゴメギクには舌状花に冠毛がない、筒状花の冠毛は先が尖らず、ふさ状に裂けて、両側の毛は長いことで見分けられる。一般にコゴメギクの方がやせ型で茎はのびてねていることが多い。全体に毛が少なく、葉は小さく、鋸歯は低いのが普通である。種子繁殖する。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Galinsoga parviflora
キク科コゴメギク属



2016年12月19日 宍道5個の小さな舌状花が間隔を空けてつく。

コゴメギク花

コゴメギク花

コゴメギク花

頭花は直径約5mm。小さな舌状花が5個、多数の筒状花がある。花柄には腺毛が密生する。

コゴメギク頭花

コゴメギク頭花

コゴメギク花柄

総苞片は縁に毛があるのみで無毛。花床のそれぞれの花の間に鱗片がある。

コゴメギク総苞

コゴメギク総苞

コゴメギク鱗片

こぼれる果実。舌状花(上)、筒状花(下)筒状花には冠毛がある。(乾燥品)

コゴメギク果実

コゴメギク花

コゴメギク筒状花

舌状花の花弁は長さ約1.3mm。舌状花の子房。舌状花には冠毛がない。

コゴメギク舌状花

コゴメギク舌状花

コゴメギク舌状花

筒状花の果実と冠毛。冠毛は長さ約1mm、先は尖らない。

コゴメギク舌状花

コゴメギク果実

コゴメギク果実

果実は長さ約1.2mm、上向きの毛がある。下部の葉は卵形。

コゴメギク果実

コゴメギク葉

コゴメギク葉

葉は長さ約3.5cm。葉の裏面脈上に毛がある。茎には開出毛がある。

コゴメギク葉裏面

コゴメギク葉裏面

コゴメギク茎

コゴメギク

コゴメギク

コゴメギク

ハキダメギクとの比較

コゴメギク




2009年8月15日 佐草舌状花が小さく、花柄に腺毛が多い。

コゴメギク花

コゴメギク花

コゴメギク花

舌状花の冠毛が小さく短い。舌状花の冠毛は長さ0.5mm未満。筒状花の冠毛

コゴメギク舌状花

コゴメギク舌状花

コゴメギク筒状花

筒状花の冠毛は長さ約1mm。筒状花の冠毛の先は尖らない。

コゴメギク筒状花

コゴメギク筒状花

コゴメギク葉

葉の鋸歯は低い。

コゴメギク葉

コゴメギク葉裏面

コゴメギク花序

茎には毛が少ない。

コゴメギク茎

コゴメギク

コゴメギク

コゴメギク

コゴメギク

コゴメギク

舌状花。冠毛が小さく短い。

コゴメギク

コゴメギク

コゴメギク



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑