コブナグサ(小鮒草)

1年草
北海道〜沖縄の耕地とくに水田のあぜに多く生育し、散生またはやや群生する。茎は繊細、下部は匍匐して地上をはい、節々から根をおろして上部は斜上し、平滑、光沢があり紫色を帯び、節に毛がある。茎の長さ30〜60cm。葉は長さ4〜7cm、幅10〜25mm。卵状披針形、基部は心臓形でをして茎をいだき、両面とも無毛であるが、縁に長い毛がある。葉舌は長さ1mm、切形。葉鞘には白色の長い毛を生じる。花序は掌状に3〜6個の花軸に分かれ紫褐色、長さ3〜6cm。小穂は各花軸の節に1個ずつつき、長さ5〜6mm、普通芒がある。果実は長楕円状披針形、下半は紫色、長さ3mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Arthraxon hispidus
イネ科コブナグサ属
芒の有無、その他の変異が多く、多くの品種に分ける説もある。


2010年10月13日 西忌部
コブナグサ コブナグサ コブナグサ
コブナグサ コブナグサ



2009年9月26日 西忌部 この個体は花軸が多く、小穂に芒はなく、葉鞘に毛がない。小穂は花軸に1個ずつ並ぶ。
コブナグサ コブナグサ コブナグサ
小穂に芒がない。
コブナグサ コブナグサ コブナグサ
葉の基部には長毛があり、茎を抱く。
コブナグサ コブナグサ コブナグサ
葉鞘は無毛。
コブナグサ コブナグサ
2008年11月1日 なぜか全て花穂の枝が開いていない。 東忌部
コブナグサ コブナグサ コブナグサ
葉は茎を抱き、縁に毛がある。葉鞘に毛がある。
コブナグサ コブナグサ コブナグサ
2003年9月21日 東忌部
コブナグサ コブナグサ コブナグサ
コブナグサ コブナグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑