コボウズオトギリ(小坊主弟切)

半落葉小低木
ヨーロッパ西部〜南部原産の半常緑小低木で高さは30cm〜1mくら。葉は卵形又は卵状楕円形で葉柄はなく対生する。花は集散花序につき、直径約2cmの黄色い花が咲き、果実の色が赤から黒色に変化する。大きな萼片5個は平開、花弁5個、雄しべ多数、柱頭は3裂。萼は花後も残る。花期は6〜8月。
似た仲間にキンシバイがある。
学名は、 Hypericum androsaemum
オトギリソウ科オトギリソウ属


2003年6月1日 乃白
コボウズオトギリ コボウズオトギリ コボウズオトギリ
コボウズオトギリ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑