コバノズイナ(小葉の瑞菜)

落葉低木
株立ち状になる。樹皮は赤紫色。のちに縦に裂け、灰褐色の縦縞が入る。葉は互生。葉身は長さ4〜8cmの倒卵状長楕円形〜楕円形。先はとがり、基部はくさび形。ふちには細かい鋸歯がある。草質で、裏面の脈上に白毛がある。枝先に長さ10cmほどの総状花序をだし、白色の花を多数つける。花序の軸は赤紫色を帯びる。花弁は長さ約4mmの線形。萼片も線形。果実はさく果。長さ5〜6mm。花弁や萼片は花のあと脱落し、果期には残らない。花期は5〜6月。(樹に咲く花)
学名は、Itea virginica
ズイナ科ズイナ属



2017年5月22日 植裁 玉湯花弁5、雌しべ1、雄しべ5個。

コバノズイナ花

コバノズイナ花

コバノズイナ花

花柱に縦溝がある。萼は線形で先が尖る。花の奥に毛が見える。

コバノズイナ花

コバノズイナ花

コバノズイナ花

花弁と雄しべを除いた。花弁、雄しべ、花柱の基部に毛がある。花弁の基部の毛。

コバノズイナ

コバノズイナ

コバノズイナ

雄しべの基部の毛。花柱の基部に毛があり、縦溝がある。花は長さ約6mm。

コバノズイナ

コバノズイナ

コバノズイナ

花は直径約5mm。花序の軸は赤味を帯びる。

コバノズイナ

コバノズイナ

コバノズイナ

花は花序の基部から上へ順に咲く。

コバノズイナ

コバノズイナ花

コバノズイナ花

葉は長さ約4cm。葉の裏面の脈上に毛がある。

コバノズイナ花

コバノズイナ葉裏面

コバノズイナ葉裏面

コバノズイナ

コバノズイナ

コバノズイナ樹皮

コバノズイナ

コバノズイナ






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑