コバノタツナミ(小葉の立浪)

多年草
本州(関東地方以西)〜九州の海岸に近い畑のふちや土手、山の岩の上などに生え、高さ5〜20cmになる。葉も小さくて長さ、幅とも約1cmで、鋸歯の数は少ない。毛の量は変化が多い。別名ビロードタツナミ。花期は5〜6月。(野に咲く花)
学名は、Scutellaria indica var. parvifolia
シソ科タツナミソウ属



園芸種のためか、図鑑等の記載より花冠や葉が大きい。
2017年5月4日 植栽 玉湯花冠に毛があり、下唇に斑紋がある。

コバノタツナミ花

コバノタツナミ花

コバノタツナミ花

花は長さ約2cm。

コバノタツナミ花

コバノタツナミ花

コバノタツナミ花

葉身は長さ約2cm。葉柄に開出毛が密生する

コバノタツナミ葉

コバノタツナミ葉

コバノタツナミ葉

葉の表面に短毛が密生する。葉の裏面。裏面には長毛が密生する。

コバノタツナミ葉

コバノタツナミ葉裏面

コバノタツナミ葉裏面

葉の裏面に乳白色の腺点が多い。茎や葉柄に開出毛が密生する。茎の開出毛。

コバノタツナミ腺点

コバノタツナミ茎

コバノタツナミ茎

コバノタツナミ

コバノタツナミ

白花もある。

コバノタツナミ白花

コバノタツナミ白花

コバノタツナミ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑