コバノイシカグマ(小葉のいしかぐま)

常緑性シダ植物
東北南部以西〜九州の山地の湿った場所に生える。葉柄〜中軸はやや光沢のある赤褐色〜濃赤褐色で毛が生える。中軸に溝がある。葉身は2〜4回羽状複葉。表裏ともに荒い毛が生える。ソーラスは葉縁につき、包膜はコップ状。
学名は、Dennstaedtia scabra
コバノイシカグマ科コバノイシカグマ属


2013年6月23日 宍道ソーラスは葉の縁につく。
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ
包膜はコップ状。
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ



2011年7月9日 宍道
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ
中軸、葉にも毛が生え、中軸に溝がある。中軸の背面は赤褐色。葉裏の様子。
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ
ソーラスは葉縁につく。
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ
コバノイシカグマ
2009年8月22日 宍道最下部の羽片
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ
表面に毛がある。羽片の裏面
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ
中軸の背面は赤褐色。裏面に毛がある。ソーラスの包膜はコップ状
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ
胞子は長さ約0.05mm。
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ
コバノイシカグマ コバノイシカグマ コバノイシカグマ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑