キブサスイセン(黄房水仙)

多年草
地中海沿岸原産。タゼッタ系Tazetta Daffodilの園芸品種の花冠が黄色、副花冠が橙色のものをキブサスイセンと呼んでいる。日本には大正時代に渡来し、よく栽培されている。ただし、新しい、類似品種も多い。花期は12〜4月。
学名は、Narcissus tazetta
ヒガンバナ科スイセン属
キズイセン(Narcissus jonquilla)は葉が細く別種。



2009年4月12日 八雲

キブサスイセン

キブサスイセン

キブサスイセン

キブサスイセン




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑