キヨスミヒメワラビ(清澄姫蕨)

常緑性シダ植物
関東地方以西〜九州の山地の湿気た林床に生える。葉柄下部から中軸まで卵形で、若葉の時は白色半透明で後に褐色の鱗片が開出して密生する。葉身は2回羽状複葉、光沢のない鮮緑色で、表面軸上に毛が生える。ソーラスは円形で、小羽片の中肋近くにつく。
学名は、Dryopsis maximowicziana
オシダ科キヨスミヒメワラビ属


2009年9月13日 宍道
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ



2008年12月13日 玉湯最下部羽片基部の小羽片は小さくなる。
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ
中軸に白い鱗片が密生する。
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ
2008年9月7日 玉湯最下部羽片基部の小羽片は小さくなる。
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ
葉柄に白色の鱗片が密生する。
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ
2009年3月28日 新芽 玉湯
キヨスミヒメワラビ キヨスミヒメワラビ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑