キウイフルーツ

落葉つる性木本
原種は中国原産のオニマタタビ。これをニュージーランドで品種改良し、キウイフルーツと呼ばれる。栽培されたものが逸出し野生化している。別名 オニマタタビ、シナサルナシ。葉は互生。葉身は長さ10〜15cmの円形または広卵形。雌雄別株。葉腋に白い花が下向きにつく。花は直径3〜4cm、芳香がある。果実は液果。卵形で11月に熟す。表面には褐色の毛が密生する。原種は長さ3〜5cm、改良種は8cmほど。花期は5〜6月。(樹に咲く花)
学名は、Actinidia chinensis
マタタビ科マタタビ属


2008年5月25日 植栽 上乃木
キウイフルーツ キウイフルーツ
2010年1月2日 果実 植栽 玉湯
キウイフルーツ キウイフルーツ



2011年7月28日 八雲
キウイフルーツ キウイフルーツ キウイフルーツ
葉柄が赤くなる。
キウイフルーツ キウイフルーツ
2007年8月16日 山の中 玉湯
キウイフルーツ キウイフルーツ キウイフルーツ
キウイフルーツ キウイフルーツ キウイフルーツ
2012年4月17日 芽吹き 宍道
キウイフルーツ キウイフルーツ キウイフルーツ
キウイフルーツ キウイフルーツ
2008年3月2日 冬芽 玉湯葉痕の上に半分隠れている。
キウイフルーツ キウイフルーツ キウイフルーツ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑