キチジョウソウ(吉祥草)

常緑多年草
関東地方以西〜九州の山林に生える。地下茎はよく発達し、長くはい、所々に多数の根を出し、葉と花茎をだす。葉はそう生し、線形で鋭尖頭、無柄、長さ8〜30cm、両面無毛。花茎は葉がなく、高さ5〜13cm、直立し、無毛。穂状花穂は長さ4.5〜7cm、苞は卵形、長さ5〜7mm。花被は長さ1cm内外、無毛、中部まで合成して筒となり、6深裂し、裂片は狭長楕円形、鈍頭、そり返る。雄ずいは6、花被より少し短く、花筒に合生し、離生部は無毛、葯は長さ2mm。花柱は花被より長く無毛、柱頭は頭状で3浅裂。漿果は球形、直径6〜9mm、種子は卵形、長さ4mm。花期は9〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Reineckea carnea
キジカクシ科キチジョウソウ属



2015年10月24日 雄花 東忌部雄花は雄しべだけがある。花被は6裂し、雄しべは6個。

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

花は直径約1cm。

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

キチジョウソウ

キチジョウソウ




2011年11月2日 両性花 荘成

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

キチジョウソウ

キチジョウソウ

2008年11月1日 雄花 東忌部

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

キチジョウソウ

2006年11月3日 両性花 乃白

キチジョウソウ花

キチジョウソウ花

2006年10月31日 乃白

キチジョウソウ花

キチジョウソウ

キチジョウソウ

2006年10月9日 乃白

キチジョウソウ花

キチジョウソウ

2017年1月7日 果実 荘成果実の先端に花柱が残る。一昨年の花の果実。

キチジョウソウ果実

キチジョウソウ果実

キチジョウソウ果実

果実は直径約1cm。果実の横断面、種子が2個ある。果肉に包まれた種子。

キチジョウソウ果実

キチジョウソウ果実

キチジョウソウ種子

果肉を除いた種子、長さは5.5〜6mm。葉は長さ約25cm。

キチジョウソウ種子

キチジョウソウ

キチジョウソウ葉

葉の幅は約1cm。葉の裏面。地下茎を地表に伸ばして増える。

キチジョウソウ葉

キチジョウ葉裏面

キチジョウソウ地下茎

地下茎を伸ばして新芽を出す。地下茎を長く伸ばす。昨年咲いた花茎。

キチジョウソウ地下茎

キチジョウソウ地下茎

キチジョウソウ

キチジョウソウ

キチジョウソウ

2006年8月14日 果実 乃白2007年1月15日 果実 乃白

キチジョウソウ果実

キチジョウソウ果実

2010年8月21日 荘成

キチジョウソウ

キチジョウソウ

キチジョウソウ

キチジョウソウ

2006年5月21日 乃白

キチジョウソウ

キチジョウソウ

2011年3月5日 乃白

キチジョウソウ

キチジョウソウ

キチジョウソウ

キチジョウソウ

キチジョウソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑