キショウブ(黄菖蒲)

多年草
ヨーロッパ原産。明治時代に観賞用として導入された。畑でも育つが、水域での繁殖力が旺盛で各地で野生化が見られる。湖沼やため池、河川、水路などの浅水域に生育する抽水植物。太い地下茎がある。葉は2列に根生、剣状で先は細くなり鋭頭、長さ50〜120cm、幅1.5〜3cm、中央の脈は隆起して明瞭。長さ50〜120cmの花茎が立ち上がり、数個の葉状の苞のもとで分枝する。花は鮮やかな黄色。外花被片は3枚、広卵形で長さ5〜7cm、幅3〜4cm、先が垂れる。内花被片は細長く、長さ2〜3cmで立つ。果実は断面がほぼ三角形をした長楕円形で長さ4〜7.5cm、幅1.5〜2.5cm。成熟すると3裂し、銅褐色で偏平な種子が落ちる。花期は4〜6月。(日本の水草)
学名は、Iris pseudacorus
アヤメ科アヤメ属


2015年5月21日 末次花の仕組み。
キショウブ キショウブ キショウブ
花の終わったもの。
キショウブ キショウブ キショウブ
キショウブ キショウブ
2011年6月4日 西川津
キショウブ キショウブ キショウブ
キショウブ キショウブ キショウブ
キショウブ



2010年5月28日 玉湯
キショウブ キショウブ
2009年5月23日 八雲
キショウブ キショウブ キショウブ
キショウブ
2005年5月21日 宍道
キショウブ キショウブ キショウブ
2015年8月1日 若い果実 末次果実は長さ約5cm、3稜がある。
キショウブ果実 キショウブ果実 キショウブ果実
若い種子は長さ7〜8mm。
キショウブ種子 キショウブ種子 キショウブ
キショウブ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑