キササゲ(木大角豆)

落葉高木
中国原産。古くから植栽され、川岸など光のよく当たる場所にしばしば野生化している。高さ5〜15mになる。樹皮は灰褐色。縦に浅く裂ける。若枝には開出する腺毛が散生するが、すぐ無毛になる。円形の皮目が多い。葉は対生または3輪生。葉身は長さ10〜25cm、幅7〜20cmの広卵形。浅く3〜5裂し、ふちは全縁。先は短く尖り、基部はハート形。表面は脈上に短毛があり、裏面は側脈の基部に軟毛が密生する。葉柄は長さ5〜20cmと長く、はじめ開出する腺毛があるが、のち無毛になる。枝先に長さ10〜25cmの円錐花序をだし、黄白色の花を多数つける。花冠は長さ2〜3cmの広い漏斗形、上部は5裂し、やや唇形になる。内面には暗紫色の斑紋がある。雄しべは5個、下側の2個が完全で、上側の3個は葯がない。花柱は雄しべと同長で、柱頭は2裂する。萼は無毛で2深裂する。果実はさく果。長さ30〜40cm、幅約5mmの線形。果序の軸から垂れ下がる。種子は長さ8〜10mmの扁平な長楕円形、両端に長い毛が密生する。風に飛ばされて、散布される。花期は6〜7月。
冬芽は長さ1〜3mmの球形で、3個が輪生、または2個が対生する。芽鱗は8〜12個。葉痕は円形で大きい。(樹に咲く花)
学名は、Catalpa ovata
ノウゼンカズラ科キササゲ属
よく似たアメリカキササゲは花が白く、葉裏に軟毛がある。


2006年8月14日 花は黄白色。 八雲果実は線形で長い。
キササゲ花 キササゲ花 キササゲ果実
キササゲ葉 キササゲ葉裏面 キササゲ葉裏面
葉身基部に蜜腺がある。葉身基部の蜜腺。葉は対生〜3輪生する。
キササゲ蜜腺 キササゲ蜜腺 キササゲ枝
キササゲ蕾 キササゲ キササゲ
キササゲ



2010年9月11日 果実 八雲平原果実は線形で長い。
キササゲ果実 キササゲ果実 キササゲ葉
葉身基部に蜜腺がある。
キササゲ蜜腺 キササゲ蜜腺 キササゲ
2010年9月21日 果実 大東
キササゲ果実 キササゲ キササゲ樹皮
キササゲ キササゲ
2011年3月27日 果実 八雲長さ30cm程度の線形
キササゲ果実 キササゲ果実 キササゲ果実
種子は扁平な長楕円形。種子の両端に長い毛がある。
キササゲ種子 キササゲ種子 キササゲ種子
キササゲ キササゲ
2010年10月16日 冬芽 八雲
キササゲ冬芽 キササゲ冬芽 キササゲ
キササゲ
2010年3月13日 冬芽 八雲
キササゲ冬芽 キササゲ冬芽 キササゲ冬芽


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑