キリンソウ(麒麟草・黄輪草)

多年草
北海道〜九州の海岸の岩上や山地草原、林縁などに生える。高さ20〜50cm。葉は互生し、長さ2〜7cmの広倒卵形〜広倒披針形で、上半部に鈍鋸歯がある。茎頂に3出の集散花序をだし、黄色の花を多数つける。花弁は5個、披針形で長さ6〜7mm。雄しべは長さ5〜7mm。心皮5個は平開する。花期は5〜8月。(山に咲く花)
学名は、Phedimus aizoon var. floribundus
ベンケイソウ科キリンソウ属
冬場は地上部は枯れ、地際に越冬芽を形成する。


2014年6月15日 八雲花序に葉状の苞がある。
キリンソウ花 キリンソウ花 キリンソウ花
花は直径約1.3cm。
キリンソウ花 キリンソウ花 キリンソウ花
キリンソウ花序 キリンソウ花序 キリンソウ葉
葉は長さ約6cm、上部に鋸歯がある。
キリンソウ葉 キリンソウ葉裏面 キリンソウ
キリンソウ キリンソウ
2014年9月2日 八雲
キリンソウ キリンソウ キリンソウ



2015年2月4日 越冬芽 玉湯
キリンソウ越冬芽 キリンソウ越冬芽 キリンソウ越冬芽

2004年6月13日 植栽 嫁島
キリンソウ花 キリンソウ キリンソウ葉
2011年7月3日 逸出? 島根刈られた枝から発根する。
キリンソウ葉 キリンソウ キリンソウ
花後 果実
キリンソウ キリンソウ果実 キリンソウ
キリンソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑