キレハノブドウ(切葉野葡萄)

落葉つる性木本
葉の切れ込みの深いものをノブドウの品種として区別されることがある。日本各地の山地や野原に生える。茎の基部は木質になり、つるは長くのびてジグザグに曲がり、節はしばしは肥厚する。葉は互生し、直径4〜13cmで深く3〜5裂する。基部は心形で、鋸歯があり、表面は無毛。裏面は淡緑色。葉に対生して集散花序をだし、淡緑色で直径約3mmの小さな花を多数開く。花弁は5個で卵状三角形。果実は球形で、淡緑色から紫色を帯び、碧色になるが、虫えいができ異常にふくらんでいるものが多い。花期は7〜8月
学名は、Ampelopsis glandulosa var. heterophylla f. citrulloides
ブドウ科ノブドウ属


2011年6月29日 八雲
キレハノブドウ キレハノブドウ キレハノブドウ
キレハノブドウ キレハノブドウ キレハノブドウ
キレハノブドウ キレハノブドウ



2010年7月6日 乃木福富
キレハノブドウ キレハノブドウ キレハノブドウ
キレハノブドウ キレハノブドウ キレハノブドウ
キレハノブドウ キレハノブドウ キレハノブドウ
2016年9月1日 若い果実 島根葉は深く切れ込む。
キレハノブドウ果実 キレハノブドウ果実 キレハノブドウ葉
葉身は長さ約9cm。表面は無毛、葉柄に短毛がある。
キレハノブドウ葉 キレハノブドウ葉 キレハノブドウ葉裏面
葉脈に短毛がある。茎に短毛がある。
キレハノブドウ葉裏面 キレハノブドウ茎 キレハノブドウ
キレハノブドウ
2006年6月18日 西嫁島
キレハノブドウ キレハノブドウ キレハノブドウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑