キンキカサスゲ(近畿笠菅)

多年草
本州(近畿以西)の山地の河畔や湿地に生える。横走する地下茎があり群生する。基部の鞘は淡色で一部赤紫色を帯びることがある。葉はやややわらかく幅4〜8mm。有花茎はは高さ30〜70cm。頂小穂は雄性、長さ3〜7cm。側小穂は雌性、長さ3〜12cm。雌花および雄花の鱗片には赤紫色の部分があり、鋭頭芒端、果胞より長い。果胞は長さ3〜4mm、無毛まれに有毛、熟しても膨らまず、乾くとやや褐色に変色する。花柱は細長く、宿存し、柱頭は3岐。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex dispalata
カヤツリグサ科スゲ属ミヤマシラスゲ節


2015年6月17日 玉湯
キンキカサスゲ花序 キンキカサスゲ雌小穂 キンキカサスゲ花序
雌小穂は長さ約8cm。柱頭が残存する。
キンキカサスゲ花序 キンキカサスゲ雌小穂 キンキカサスゲ果胞
雌鱗片は長さ約3mm。鱗片は果胞よりやや長い。
キンキカサスゲ果胞 キンキカサスゲ雌鱗片 キンキカサスゲ雌鱗片
雌鱗片は長さ約3mm。柱頭は3岐し、雌鱗片の先は短芒となる。果胞は長さ約2.5mm。
キンキカサスゲ雌鱗片 キンキカサスゲ柱頭 キンキカサスゲ果胞
果胞の口部は斜切形。果実は長さ1.3mm。
キンキカサスゲ果胞 キンキカサスゲ果胞 キンキカサスゲ果実
苞の鞘は無鞘。葉は幅約7mm。
キンキカサスゲ キンキカサスゲ葉 キンキカサスゲ葉裏面
花序まで長さ約50cm。
キンキカサスゲ キンキカサスゲ キンキカサスゲ
キンキカサスゲ
2014年5月25日 玉湯雌小穂の先に雄花部をつけるものがある。
キンキカサスゲ花序 キンキカサスゲ雌小穂 キンキカサスゲ花序
頂小穂は雄性、長さ約4cm。雌小穂は長さ約7cm。
キンキカサスゲ花序 キンキカサスゲ雌小穂 キンキカサスゲ果胞
果胞は開出せず、長い柱頭が残存する。柱頭は3岐する。鱗片は果胞より長い。
キンキカサスゲ果胞 キンキカサスゲ果胞 キンキカサスゲ果胞
鱗片は長さ約3.5mm。鱗片の先は尖り、短い芒となる。未熟な果胞は長さ約2.8mm。
キンキカサスゲ鱗片 キンキカサスゲ鱗片 キンキカサスゲ果胞
果胞の口部は斜切形。未熟な果実は長さ約1mm。苞は無鞘。
キンキカサスゲ果胞 キンキカサスゲ果実 キンキカサスゲ苞
葉の幅は約1.2cm。葉の断面はM字形。
キンキカサスゲ葉 キンキカサスゲ葉裏面 キンキカサスゲ葉
キンキカサスゲ キンキカサスゲ キンキカサスゲ
キンキカサスゲ花序 キンキカサスゲ キンキカサスゲ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑